はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

「分解能2」

=================================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2005/07/02                   
                              
=============================第15号=

 超音波検査の世界へようこそ!      
 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 

  まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。

  今日はとっても悲しいニュースです (TT)


 ▽「多発性硬化症」


 何をするにも、人は、脳からの指令が必要です。

 手足を動かすのも、真直ぐ立つことも、ものを食べるのも、
 呼吸をするのも、心拍数の速さを調節するのも…。

 すべて脳からの指令でおこなっています。

 
 あなたが、このメルマガを読んでいることさえも・・・です。

 脳や脊髄は神経細胞からできているのはご存知でしょうか?
 脳からの指令は、電気信号として体中に送られます。


 人の身体には、脳と脊髄(中枢神経といいます)を中心とした
 神経網が身体中に張り巡らされていて、脳からの指令は「瞬時」
 に届けられます。


 私も、今考えた瞬間に手が動いてキーボードを打ってます。
 

      「瞬時」には程遠いですが・・・  (^^)

 神経には「有髄神経」と「無髄神経」ってのがあります。 


 「有髄」? 「無髄」??

 「髄鞘(ずいしょう)」という神経線維を覆っている鞘(さや)が
 有るか、無いかの違いです。


 「髄鞘」は絶縁体として隣接する神経に余計な信号を伝えない役目と
 電気信号を送る速度を飛躍的に高めるはたらきがあります。


 すぐれものです。


 「髄鞘」が無いと、親指を動かそうとしたのに人差し指まで勝手に
 動いてしまうなんてことが起きてしまうかもしれません。

 また、脳からの指令が末端に届くまでに時間がかかり、私達が普通
 に手足を動かすことにもタイムラグが生じます。


 脳で考えたことを実行するのに時間がかかってしまい、まるでナマ
ケモノのような動きしかできなくなってしまうのでは?


 な〜んて思ってしまいます。

 
 

 「多発性硬化症」は脳や脊髄にある神経線維を取巻いている「髄鞘」
 に炎症が起きて、破壊されてしまう病気です。


 原因は不明ですが、自己免疫疾患説が有力のようです。


 症状は「めまい」「頭痛」から始まり、「麻痺」まで多彩な症状を
 示し、身体のどの部分にでも起こる可能性があります。

 じつは先日、私の友人が「多発性硬化症」と診断されました。


 今も「めまい」や「頭痛」と「顔面麻痺」に苦しみ、歩くことでさえ
 ちょっと困難な状態らしいのです。


 とても辛そうなのですが、私にしてあげられることがないのです。
 なんとか治って欲しいと願う毎日です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第15回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ▽誰もが嫌いな超音波の基礎 その6

 
  「分解能」のつづきです。

  

  前回のおさらい

  1.超音波装置は本当の身体の中身を映し出しているのではなく、
    つくられた画像です。

  2.分解能とは、「より細かく忠実に再現する能力」です。

  3.分解能の表現は、「近くにある2つの物体を2つのものと
    して区別できる最小の距離」を「mm」で表します。

  4.私の目は分解能が低い! (T T)

   
  


  今回は分解能の種類と分解能向上の対策です。
  
 
  ▼分解能の種類

  分解能にはいくつか種類があります。


  一つは深さ方向の分解能。
    画面上では上下方向(超音波ビームの進行方向)です。
    これを「距離分解能」といいます。
  


  次に画面上で左右方向。
    これは「方位分解能」といいます。


  そして、もう一つがプローブの厚み方向の分解能。
    画面上では奥行きですね。
    これは「スライス分解能」と呼ばれます。


  

  ▼分解能向上のための技術と対策


  超音波検査装置では分解能を向上するために、信じられないような
  スゴイ技術を駆使している『みたい』です。
                ↑
    (機械的な詳しいことは難しくて、よくわかりませんが…)

  『距離分解能』
   
  「距離分解能」はパルス幅が短いほど分解能が高い画像になります。
  

  パルス幅?

  超音波検査で使う音波はずっと出し続けているのではなく、
  途切れ途切れに出しているんですね。

  人の声で例えると
 
     「あ―――――――――――」ではなく、

     「アッアッアッアッアッアッ」というかんじです。
  


  なぜパルス波を使うのかというと…


  パルス波を使うと距離の情報が得られるからです。
  深さ●●センチのところに、▲▲センチのものがある
  と表示できるのです。


  これが「あ―――――――――――」のように連続的な音波
  だと、音波が通った部分に何かがあるのかはわかります。


  でも、

  「どの深さ」に「どのくらいの大きさのもの」があるのかは
  ぜんぜんわかりません。

  

  断続的に音波を出す(パルス波)方法だと、
  音波を発射したあと、「何か」にぶつかって返ってきた時間から、
  その「何か」の深さと大きさが計算でわかるのです。


  時間×速度=距離  ⇒ 小学生で習います …  よね?

  パルス波を使っても、パルスの幅が「ア−ッ、ア−ッ、アッ−」
  だったとします。

  この時すごく小さいものは「ア−ッ」の中に2つも3つも入っちゃ
  います。
  

  だから本当は2つも3つもあるはずだけど、1つに見えちゃいます。

  「ア−ッ」では分解能は低いのです。


  パルス幅はできるだけ短く「アッ」と短い方が分解能は高いのです。

  じつは、この距離分解能は機械まかせです。

  しいていえば周波数を高くすることで分解能は向上します。

  周波数を変えられるプローブを使っている場合、高周波プローブを
  装備している装置、そして浅い部分に限定されますが…。


  次に
 
  『方位分解能』

  超音波はプローブから発射されると真っ直ぐに進むか?
  というと、違います。


  水に石を投げ入れると、そこを中心に円く波紋が広がりますね。
  超音波も同様に発射源から球状に広がってしまいます。
                (球面波っていわれます)


  超音波ビームが広がると、画面上で横に並んでいるものが、
  すごく小さくて近くにある場合、2つ、3つあるものを
  やっぱり1つと認識してしまいます。

  だから超音波ビームは、できるだけ細くしたいのです。

  そこでフォーカス(焦点)という技術が出てきます。
  フォーカスとは、電気的な操作で超音波ビームを細く絞ることです。


  この機能は、どんな装置にも付いています。
  (私の知ってる限りでは…)

  
  ほとんどの装置では画面左横にある三角印がフォーカスの位置です。


  フォーカス(超音波ビームを一番細く絞る位置)は、見たい部分の
  深さに調節しながら検査をすすめましょう。

  方位分解能が最もよい状態で検査できます。
  

  最後に
 
 『スライス方向分解能』
 
  プローブの厚み方向には「方位分解能」みたいに超音波を
  時間差で発射することができません。

  すると、やっぱり超音波ビームは広がってしまいます。


  この「スライス方向」の分解能向上には「音響レンズ」と
  いうものが使われています。

  プローブの先端にゴムみたいなものがはめ込まれているのを
  ご存知でしょう。

  これが「音響レンズ」です。


  患者さんの身体に触れる部分だから、こんなものがついている
  と思っていた方はいませんか?


  この「音響レンズ」は一般的にシリコンゴムでできていて、
  超音波が屈折する性質を利用して超音波ビームを細く絞って
  います。


  じつは、大切な役割があったんですね。


  もちろんフォーカス位置の調整はできません。最初からフォーカス
  の位置は決められちゃってます。


  最近はスライス幅に対する分解能を向上するために、「アニュラ
  アレイ」とか「マトリックスプローブ」なんてものも出てきてい
  ますが、まだそれほど普及していないようです(高価です!)

  なんだ! じゃあ分解能をよくするためにやることは、

  「周波数を高くすることと、フォーカスの調節だけかよ!」


  「その通りです!」   一般的にはね…。

  分解能の向上 ⇒ 「周波数とフォーカスの調節」

  あとは装置の性能にお任せしましょう!

  
  何でわざわざ装置にお任せの分解能について書いたのでしょうか?

  ワケがあります。

  まず1つめは、超音波診断には限界があることを知ってもらいた
  かったからです。

  あくまで超音波の反射波を画像化しているだけであって、本物の
  組織を写し出しているのではないのです。

  だから画像上では1つに見えているものも、実際は2つあるかも
  しれないのです。


  2つめは、「周波数とフォーカスの調節」をして欲しいからです。
  いくらエコーに限界があるからといって、何もせずにあきらめて
  欲しくありません。

  フォーカスの深さを調節しましょう!

  また、時によってはプローブを持ち変えてみることも必要です。

  お腹だからコンベックス、乳腺だからリニア、心臓だからセクタ
  なんて決まりはありません!

  でも分解能のことを知らないと、

  次に何をすべきか、さっぱりわからないですよね?


 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 
 超音波の基礎ってホントにヤヤコシイですね。
 でも基礎を理解することによって、検査の幅が無限に広がります。


 つまり応用が効くってことです。


 逆に、基礎がわかっていないと、目の前にある重要な所見を見逃したり、
 発見できるはずの病気や病態が見過ごしてしまうこともあります。

 例えば乳腺のエコーで「何かおかしい!」と思ったとします。
 明らかな腫瘤はないんだけど・・・。


 そこである人は「こういう乳腺なんだろう」で終わってしまいます。


 またある人は「ちょっと周波数変えてみようかな」と思いました。


 結果は、


 周波数を12MHzから7.5MHzに落してみたら、細かい石灰化が見えたのです!
 微小石灰化は乳癌の所見の一つですね。


 この患者さんは早期に見つかったため、乳房の全摘をまぬがれました。
 基礎を「わかっているか、いないか」によって、これだけの差が出ます。

 差が出るのは、あなたの超音波技術ではなく、患者さんの将来です!

 基礎? 原理? 

 知らないでは済まされません。

 

      基礎を理解する時に役立ちます
          ↓   ↓
      「ハイベーシック超音波検査」
      「超音波医学辞典」

     http://www.m-net.ne.jp/~shigeta/books.html 

 
  
-------------------------------------------------------------------

 このメルマガは知り合いの方への転送大歓迎です!!

 どんどん仲間を増やしましょう! 

 このメルマガに対する感想もお待ちしてます ⇒ info@us-ism.com
 

-------------------------------------------------------------------

 みなさん!
 
 超音波検査士に「健診」という領域が追加されました!


 今まで症例の提出には健診(検診)での症例は認められていなかった
 ため、主に健診をやっている方々は検査士の受験資格さえも得られな
 かったんです。


 その方々のための救済措置 なのでしょうか・・・?
 追加された経緯はわかりませんが、「もっと早くして欲しかった」


 これが私の感想です。 
 だって、症例集めるのってスゴクたいへんなんですよ。


 健診の症例は山ほどあったのに・・・。


 でも「消化器、泌尿器、甲状腺、乳腺、頚動脈」と出題範囲が広く、
 たいへんそうですね。


 来年受験する方 頑張ってください!!


-------------------------------------------------------------------


買い物は楽天市場が便利です!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0RR9+76ZKXE+5WS+C28PV


--------------------------------------------------------------------

医師、看護師、薬剤師など、医療業界の就職情報が常時10000万件以上! 
  メディカル・プラネットは、あなたのステップアップを応援します!!
  登録無料!!
  →→ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2VQJ+E97O8I+4NS+C03K3 




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.