はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > 腹部エコー 肝臓の超音波検査 3
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

腹部エコー 肝臓の超音波検査 3

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2006/06/18                  
                              
===========================第69号=


 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。

 いや〜 パッとしない天気が続いてますねー。

 ジトジト、ベタベタ 

 あ〜 うっとおしい!


 何かこの「うっとおしさ」をなくすいい方法ないんですかね?


 知っている人いたら、教えてください。

 (このメールに返信で届きます ^^)


 

 先日、某臨床検査技師専門学校で講義をしてきました。


 現在とこれからの医療情勢みたいなことと、せっかくだから
 エコーについてもちょっとだけ・・・ ^^


 そこで感じたことを少し。


 ひとつは意外にも自分達の将来に危機感を感じていない学生
 さんが多かったですね。


 全員ではありませんが、現在そして将来の医療情勢について
 は無関心のようです。


 それとも、さんざん言われてるから聞き飽きたのか ^^


 この話のときは、皆さんあまり興味なさそーでした。

 (大切なのにね)

 もうひとつ。エコーに対する関心は高いこと。


 やはりエコーがやりたい方は多いようですね。


 でもね〜 まさか超音波の基礎をやるわけにもいきませんので、
 症例の写真をいくつかみせて説明しましたが、いまいちピンと
 こなかったようです。


 エコーやってる人にとっちゃあ、目を引く写真なんですけど
 ね ^^


 学生の皆さんはこれから病院実習、国家試験と大変な時期です。
 とりあえず国家試験に合格しなければ、何も始まりません。


 頑張ってください! (^^)v

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第69回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 少し間があいてしまいましたが・・・ m(__)m
 

 肝臓の超音波検査です。

 
 肝臓の役割を理解し、次に解剖にとりかかりましょう!
 そして解剖でまず最初に大切なのは血管や胆管の走行です。 


 前回までは、こんなことを書きましたね。


 で、今回は? ⇒ お待ちかねの「区域分類」です。

 それでは始めましょう!

    ↓   ↓  

 ▽肝臓の超音波検査 その3「区域分類」


 肝区域といえばクイノー( Couinaud )ですね。


 クイノーの肝区域。 門脈枝の支配領域ごとに肝臓をS1〜S8に
 分けています。


 この肝区域分類は臨床的にとても大切です。


 問題は憶え方で、この肝区域には誰もが苦労します。(よね?)


 で、「何か簡単に憶えられる方法はないの?」とよくいわれます
 が、正直いって簡単な方法はありません(キッパリ)


 いつかは必ず通らなくてはならない部分です。


 ということで、


 よい機会ですから一生に1回くらいは頑張ってみましょうか! ^^

 ▽クイノーの肝区域分類


 まず肝臓を左葉と右葉に分けてみます。


 左葉と右葉の境目は、胆嚢窩と下大静脈を結ぶ仮想の線(カント
 リー線といいます)です。


 ここには主葉裂溝があって、そこを中肝静脈が通っています。

 ここまでだけでもガックリきますね ^^;

 初心者にとっては画像に映っている血管が門脈なのか? それと
 も静脈なのか? といった区別さえ難しいものです。


 ですから前回に脈管の走行を確認しましょうと書いたわけですね。


 でも、とりあえずカントリー線と中肝静脈で肝臓を左葉と右葉に
 分けられました。


 それでは、左葉からみていきましょう。


 今度は左葉を半分にしてみます。


 門脈左枝臍部(umbilical portion)、肝円索、肝静脈索で内側
 と外側に分けます。


 そしてさらに内側、外側をそれぞれ前後に分けます。


 内側は門脈左枝横行部で前後に分け、前側を方形葉「S4」、後側
 は尾状葉「S1」です。


 次に外側を左肝静脈で前後に分け、後が「S2」で前が「S3」。


 ここまでで左葉が4つのセグメントに分かれました。


(ふぅ〜)


 あとは右葉です。
 

 右葉は、まず右肝静脈で前後に分けます。


 そして、それを上下に分ける。


 すると、前の下側が「S5」上側が「S8」で、後の下が「S6」上
 が「S7」です。


 このように言葉で書くと簡単ですよね。


 でも実際の肝臓は立体です。さらに個人差もあるし、体位によっ
 ても肝臓の形は変わります。


 また、左葉には指標となるものが多く、実質自体も小さいので
 区域を同定することが比較的簡単ですが、右葉では上下の境界
 が明確でない。


 こんなことが区域の同定を難しくしています。

 でも、まずは本を片手に門脈枝と肝静脈を一本ずつ追ってみま
 しょう。
 

 そこからはじまります (^^)v


 


 肝区域について一番詳しく載っている本です
 ⇒ http://us-ism.com/2005/10/post_27.html  


--------------------------------------------------------------

 エコー始める方、まずコレです!

 超音波検査士が教える超音波の原理習得術! 
 ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/lec/564   

--------------------------------------------------------------


 このメルマガは知り合いに教えないでね!!

 転送はご自由にどうぞ (^^)v

 
 感想・ご意見・文句はこちらへ!
   ⇒ info@us-ism.com 
 
 
 超音波診断の専門書 (えっ 自分で本持ってないの?)
   ⇒ http://us-ism.com/04amazon/ 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 それでは そろそろW杯の準備がありますので・・・m(__)m

 早え〜 w)゜0゜(w

 このメルマガのバックナンバー
 こちらでどうぞ ⇒ http://us-ism.com/2008/12/post_2.html 
 
 
-------------------------------------------------------------

 ■URL    : http://us-ism.com 
 ■ご感想    : info@us-ism.com  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 
 ■発行者  : 超音波検査士 飯塚
 ■発行システム : まぐまぐ http://www.mag2.com 

-------------------------------------------------------------


  勉強嫌いのK君:「おい、アレ読んだか?」
  勉強嫌いのS君:「アレってなんだよ」
  勉強嫌いのK君:「勉強嫌いのT君は、アレを読んでから
           勉強好きになったらしいよ」

       気になるアレとは?

『読むだけで頭のよくなる秘密の3ステップ』
 無料ダウンロードをおすすめします。
 ⇒ http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UHYX6+F0LM2A+N98+5ZU2B 


-------------------------------------------------------------



BACK ←        → NEXT




Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.