はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

創刊1周年記念 特集号 !

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2006/04/03                 
                              
===========================第58号=

 まいどっ! 超音波検査士の飯塚です。

 『 祝! 』 創刊1周年記念 特集〜 号 !

 去年の3月27日に創刊号を発行して、はやくも1年が経ちま
 した。


 この一年の間に、色々なことがありました。


 でも、毎回読んでくれている読者の皆さんに支えられたおかげで
 やってこれました!


 これからもよろしくお願いしますね♪


 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第58回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▽ おめでとうございます!


 今年もたくさんの「sonografer」が誕生しました。


 ○「超音波検査士合格しました!」

 ○「やった〜 受かったよ〜!」

 ○「おかげさまで、何とか無事に合格しました!」

 ○「これで、とりあえず一人前かな?」

 ○「念願の超音波検査士になれました!」

 ○「これで少しは自信をってエコーができます」

 次々にメールが舞い込んできます (^^)


 私の先輩も「泌尿器領域」に合格しました。(おめでと〜!)


 ▽超音波検査士


 みなさん!


 超音波検査士は、名前だけの資格ではありません。


 やはり、「持っている人」と「持っていない人」では、大きな
 違いがあります。


 その違いは、「技術」と「経験」・・・


 そして、何より持っている「知識」の差でしょう。


 超音波検査士を受けるためには最低でも150もの症例をこなす必
 要があります。


 でも本当に150症例をこなせばエコーの「技術」「経験」「知識」
 そして、着目すべきポイントが身につけられるでしょうか?


 いやいや、150症例ではまったく足りません。


 150症例は、本当に最低のラインなのです。


 私の知り合いは、初めて会った時にこういいました。 


「私はまだ乳腺エコー2000例しか経験していませんが・・・」


 乳腺だけで2000例経験していれば、すでに十分だと思いますが、
 本人はまだまだ経験不足だと思っているのです。


「じゃあ腹部は?」


「わからないけど、何万例かやりました」


「・・・」


 これくらいやってはじめて、どんな症例に当たっても自信をもっ
 てできるようになるのです。


 でも、まずは目指せ150症例ですね。


 

 ▽ただ症例をこなせばよいのか?

 
 これは間違いです。


 やるだけなら誰にでもできます。(誰でもじゃないか ^^; ) 


 やはりエコーには専門的な知識が必要です。


 病気の知識、解剖学的知識、病理学的な知識、発生学、統計学、
 

 そして超音波の原理・・・。


 知っておくべき知識は、挙げればきりがありませんね。


 超音波検査士に受かるためには、経験と知識が必要です。


 でも技術面は試されません (^^)


 

 ▽最初に何をしたらいいの?


 私が奨めているのは「超音波の原理」です。


 なぜかと言うと、超音波装置を使えなければ何も始まらないから
 ですね。


 150症例さえこなすことができません。


 


 装置の機能の意味も分からずに間違った使い方をしていたら・・・


 そして、目の前の画像が意味することをわからなければ・・・


「経験」も「技術」も「知識」も、正しいものではなくなってし
 まいます。


 だから、まずは「超音波の原理」を正しく理解しておきましょう
 と私は言ってます。^^v

 「超音波検査士が教える超音波の原理習得術!」
   ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/lec/564   


 
 正しい「超音波の原理」を身に付けて、まずは150症例を目標に
 がんばってみませんか?
 


--------------------------------------------------------------

 このメルマガは知り合いに教えないでね!!

 もったいないから・・・。 (^^)v


 超音波診断の専門書 (えっ 持ってないの?)
   ⇒ http://us-ism.com/04amazon/ 

 感想・ご意見・文句はこっち!
   ⇒ info@us-ism.com 
  
 
---------------------------------------------------------------

 ■URL    : http://us-ism.com 
 ■ご感想    : info@us-ism.com  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 
 ■発行者  : 超音波検査士 飯塚
 ■発行システム : まぐまぐ http://www.mag2.com 

-------------------------------------------------------------

 これで勉強時間は短縮できます!

 超効率的勉強法 ⇒ http://tinyurl.com/b43pa 

-------------------------------------------------------------

 無料で医師に質問できるサイトを紹介します。

 10万人の医師に質問できるQ&Aサイト【 AskDoctors 】
  ⇒ http://mo-v.jp/?3187  

 期間限定の特別キャンペーン中ですから、無料のうちに
 会員になっておくと便利です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ◆装置が変わると大変です! 


  「え〜と、どこだ?」  


  「これかな?」


  「あっ間違った!」


  「あ〜 イライラする!!」

 使う装置を変えると、どの機能が、どこにあるんだか・・・


 ボタンやツマミの位置は、メーカーによってバラバラです。


 たかだかフォーカスの深さを変えたり、サンプルボリューム幅を
 広げようとするだけでも手間取ってしまいます。(^^;


 一件検査するのに倍以上の時間がかかるし、全然集中できない。


 これって、メーカーの皆さん、何とかなんないんですかね〜


-------------------------------------------------------------

 でも、なぜかゲインとSTCはメーカーを問わず、すぐわかる
 位置にありますよね (^^)v 




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.