はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

肝臓の超音波検査 その4

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2006/07/09                  
                              
===========================第72号=

 

 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。


 ここ数日、とっても睡眠不足です ^^;


 このメルマガ読者のみなさんにお知らせした「問題集」。


 7月31日までの予定だったのですが、今回用意している分は
 4日間でぜ〜んぶ売れちゃいました。

「あっ」という間です。


「ありえません」


 じつは、その対応に追われてヤバイくらいの寝不足です。


 嬉しいやら、眠いやら・・・


              ( 赤字は確定 (_ _;)…パタリ )


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第72回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ちょっと間が空いてしまいました m(__)m 


 肝臓の「続き」いきますね。

 ▽肝臓の超音波検査 その4


 前回は、誰もが苦労する「肝区域分類」でした。


 紙上では理解出来ても、実際の患者さん(立体)では「いまどこ
 のセグメントをみているのかわからない〜!」という意見を相次
 いでいただきました。


 やはり皆さん苦労しているようですね。


 私も初めは「門脈と肝静脈の区別」さえ分かりませんでした ^^


「血管壁が厚く(白っぽく)見えるほうが門脈だよ」って教わった
 ような気がします。


 それでも末梢の方では、どっちかわからない ^^;

 
 何か所見があった時はとりあえず写真に残しておいて、あとから
 本と「にらめっこ」しながら報告書に記載してましたね。


「ここはS7でいいんだよね?」(*’▽’)


「一緒に血管が写っていないとわかんないだろ〜が!」(−−メ


 ってな感じです ^^;

 前にも書きましたが、この肝区域分類を簡単に理解できちゃうな
 んて素晴らしい方法はありません。


 門脈枝をひとつひとつ追ってみて、目と頭と身体で憶えるしかな
 さそうですね。


 針金やモールを使って「肝臓の脈管モデル」をつくってみるのも
 立体で捉えやすくなりますので、とても良いと思いますよ!

 

 ▽肝臓のピットホール


 どの臓器にも言えることですが、よく「ピットホール」という
 言葉を聞くと思います。


 つまり、見落としやすい部分ですね。


 肝臓は「大きいこと」と「構造が複雑なこと」などから、ちゃ
 んとスキャンできていない部分が出来やすい臓器です。


 スキャンできていたとしても、見えていないこともありますよね。


 特に初心者では中心あたりを何回も見てばかりいて、端の方を
 全くみていないことが多い。


 まあ、このあたりはよく言われることなので、皆さん注意して
 いることと思いますが、意外に盲点なのは「肝門部」です。


 血管がごちゃごちゃしていて、目が行きにくいのは確かですが、
 S1を含めて肝臓の実質部分 ← しっかり見ましょう。


 あと、本に出ているような肝静脈が3本写っている写真を一生懸
 命に出そうとしている初心者がいます。


 血管にしか目がいってない。


 そんなことをしている暇があったら、しっかり検査しましょう!


 そして、左葉も注意が必要です。


「ここまでかな?」 と思っていても、まだまだ先まで長く伸びて
 いる人もいます。


 と、こんなふうに書いていると肝臓全部をピットホールにしてしま
 いそうなので、このへんでやめておきます ^^;

 で、何が言いたいかといいますと・・・

 最初のうちに注意して欲しいことは、「肝区域分類」にこだわり
 すぎないことです。


 ここは「Sのいくつだ?」なんて事ばかり考えていると、本来の
 検査が疎かになってしまいます。


 あくまでも、肝臓すべてをしっかりスキャンし、見落としのない
 正確な検査ができた上での肝区域分類です。

 絶対 ここを勘違いしないで下さいね!


 さて、次回はやっとエコーらしくなってきます ^^

 お楽しみに!
 
--------------------------------------------------------------


 このメルマガは知り合いに教えないでね!!

 お友達への転送はご自由にどうぞ (^^)v

 
 感想・ご意見・文句はこちらへ!
   ⇒ info@us-ism.com 
 
 
 超音波診断の専門書 (えっ 自分で本持ってないの?)
   ⇒ http://us-ism.com/04amazon/ 

 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 たった4日で100冊が完売!!!!( ̄△ ̄;)


 問題集 「医用超音波の基礎」
 ⇒ http://us-ism.com/magazine/text.html


 この問題集の中身ですが、エコーの原理について124問の問題が記載
 されています。


 内容は次のようなものですね。

 ●音の基礎知識

 ●装置の仕組みと調整

 ●超音波の生体内特性

 ●超音波診断装置の分解能

 ●ドプラ法

 ●音響的安全性

 ●新しい技術

 ●公式集・用語集 

 ●その他にも・・・


「超音波検査士認定試験」に向けた「医用超音波の基礎」ですから、
 それなりに難しい内容です。


 でも全部の問題に解説が付いていますので、とても親切な問題集です
 ね。 (自分で言うなって?^^)


 もちろん「超音波検査士認定試験」を受けない方でも、普段の検査に
 役立ちます。


 価格も親切 ^^


 自主出版(?)ですから「他では手に入らない」問題集です。


 もちろん本屋さんには売ってません ^^


 ということで、早く手に入れた方はメチャメチャお得でしたね (^^)v
 

 優待価格は終了してしまいましたが、まだ十分に安いと思います ^^

 問題集 「医用超音波の基礎」
 ⇒ http://us-ism.com/magazine/text.html

 超音波検査士認定試験は「まだちょっと」という方も焦る必要は全く
 ありません^^ 
 ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/lec/564   


-------------------------------------------------------------

 ■URL    : http://us-ism.com 
 ■ご感想    : info@us-ism.com  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 
 ■発行者  : 超音波検査士 飯塚
 ■発行システム : まぐまぐ http://www.mag2.com 

-------------------------------------------------------------


 肝臓の超音波検査 ← なかなか進みませんね ^^; 



BACK ←        → NEXT




Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.