はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > 超音波診断の検査領域って?・胆道検査のポイント
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

超音波診断の検査領域って?・胆道検査のポイント

 
===================================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2005/05/25                   
                              
===============================第8号=

 家にいながら無料で勉強できる「超音波検査セミナー」


私が実践してきた超音波検査を習得するノウハウを毎週あなたにたっぷりお
伝えします。

 病気や医療に興味があれば誰でも大歓迎です。病院での出来事や検査、病気
 に関する情報も盛りだくさんでお届けします。お楽しみにどうぞ!


-----------------------------------------------------------------


 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。

 いつも読んでいただいている方、ありがとうございます!
 
 新しく登録したいただいた方、今後もよろしく!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第8回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ▽超音波診断の検査領域

  
  超音波検査は5つの領域に分けられていることはご存知ですか?
  心臓・体表臓器・消化器・泌尿器・産科の5領域です。

  
  ちなみに超音波の検査では肺と骨の診断ができません。


  ではどこの領域から始めたらいいのでしょうか?

 

  消化器や泌尿器から入るのがおすすめです。消化器・泌尿器を検査するため
  には、色々なエッセンスが必要ですから、ここををマスターすれば、後の領
  域は技術的に何ら問題なくできるはずです。


  消化器は一番需要も多いと思いますよ。 


  でも、あなたが働いている施設によって、必要とされる領域が違いますから
  心臓から入る人もいれば、乳腺などの体表臓器から始める必要がある方も
  いると思います。基本は同じですからどこの領域から始めても大丈夫です。

 
  

-----------------------------------------------------------------

  では、お待ちかねの方もたくさんいると思いますので、そろそろ本題に入っ
  ていきます!

  みなさん覚悟はいいですか?


  
 

 ▽「胆道

  まずは胆道系から。 胆汁の通り道です。

  胆道は肝臓からはじまります。肝臓に出入りする脈管は動脈、静脈、門脈、
  胆管がありますが、内容は血液でなく、流れる方向は身体の下側に向かって
  流れています。


  中身は言うまでもなく胆汁ですね。


  胆汁は何からできていて、どんな役目をするか?
  これは、みなさん自分でおさらいしておきましょう。


  胆汁は肝臓の細胞でつくられて胆管を通り、最終的には十二指腸に排出され
  ます。


  その間 同じ胆管なのに名前が何回も変わるんですね。


  しかも、ややこしいことに解剖学でいう名前と胆道癌取り扱い規約での呼び方
  が違っていたりもします。


  これは残念ながら憶えるしかないです。


  肝内胆管−左右の肝管−肝臓から出た後合流して総肝管−途中に胆嚢−総胆管
  そして膵臓の一部を通って十二指腸にでます。

  胆道癌取り扱い規約では「上部胆管」「中部胆管」「下部胆管」です。


  
  あーヤヤコシイ(@@)


  でもついでだから動脈や門脈 そして胆管の位置関係や枝分かれも覚えちゃい
  ましょう。

 ▽胆道検査のポイント


  ズバリ「拡張しているか、していないか」を捉えることがすべてですね。

  まずはそれだけでよいと思います。

  でもちょっと待ってください。 さっきの胆汁の流れる方向が重要です。

  いつもびっくりするのですが、これがわかっていない人がた〜くさんいます。 
         
               ↑
             ホントです!

  ある日、胆嚢がパンパンで肝臓内の胆管も左右拡張している。 ところが検
  査をしている新人さんときたら、肝臓や肝臓の出入り口(肝門部といいます)
  を一生懸命にさがしているんです。


  あとで、何で肝門部をあんなに見てたのか聞くと、「本には肝門部あたりの
  腫瘍がいっぱい載っていたから、そういうことが多いと思った…。」だって!
 

  そこで「胆汁ってどっちに向かって流れているんだっけ?」と聞くと、ちゃん
  とわかっているんです。

  
  「じゃあどこをみればいい?」の質問で、やっと答えが返ってきました。こん
  なことが日常茶飯事に起こっています。

  
  この例はまだいい方です。本当に胆汁が肝臓に向かって流れていると信じていた
  技師もいたのですから。

  
  

  胆汁の流れる方向がわかっていて、胆道のどこが拡張していて、どこが正常
  の太さかがわかれば、原因となる部分をみればよいだけです。


  そこには「結石」または「腫瘍」、もしくは「先天性の拡張症」があるんじゃ
  ないかと考えればよいだけです。


  例えば肝臓内部から総胆管までず〜と下のほうまで胆道が拡張している場合
  は膵臓で何か詰まっているな。 ですね。


  
  このように考えれば胆道の検査は以外に難しくありません。難しいのは正常
  解剖が頭に入っていないことだったり、消化管内のガスによって描出しにく
  い部分があるためです。


  あと、またしつこくいいますが、胆汁が逆に流れていると思っている場合(^^)

  消化管のガスは、体位変換と圧迫を工夫することや、時間をちょっとおいて
  みることでなんとかなることが多いですよ。

                                つづく

  

  

  言い忘れましたが、胆嚢を手術で取ってしまったあとにも胆管が拡張すること
  があります。


 
  次回は胆嚢です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
 
 今回やっと本題に入ることができました。(^^)v

 つくづく思いますが、何をやるにしても基本は重要ですね。

 スポーツ選手も小さいうちからしっかり基本をやってきた人は、あとですごく
 伸びると聞きます。プロの選手は身体が基本的な動きを忘れないように、定期
 的に基本動作をチェックするそうです。


 エコーも同じです。基本的な超音波原理、解剖学的知識、病態の知識があって
 こそ、的確な診断ができるし進歩もできるんです。


 まずは基本を徹底的にやることをおすすめします。


 これが面倒なんですけれど…。 

 避けては通れませんね。

 
 
----------------------------------------------------------------

 このメルマガは知り合いの方への転送大歓迎です!!

 どんどん仲間を増やしましょう! 

 このメルマガに対する感想もお待ちしてます ⇒ info@us-ism.com


----------------------------------------------------------------


 最近家族からヒンシュクをかってます。


 「おとうさんは?」

 「またパソコンじゃないの?」

 「ふ〜ん」

 
 いつもこんな会話ばっかり…  らしいのです。

 あまり自覚がないのですが、とりあえず気を付けたいと思います  m(__)m

  
   
----------------------------------------------------------------




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.