はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

肝臓の超音波検査 その9

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2006/09/16                  
                              
===========================第80号=



 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。


 ▽この人は「上達する」と思う瞬間

 私の周りには、エコーが上手な人がたくさんいます。


 そこそこ上手な人、おーそんな手があったか!という技を持つ人、
 もうとにかくメチャメチャすごい人 ^^


 そして、上達する人には共通点があります。


 まず1つ目は「エコーが好きで好きでたまらない人」


 滅多にいませんが ^^;


 エコーが好きな人は、何でもどんどん積極的に取組みます。
 人の分まで「私がやりますから休んでてください」なんて ^^


 もちろん患者さんと接することも大好き。患者さんの悪口は
 決して口にしません。

 
 当然、患者さんも協力的になります。


 そして、こんな人は非常に勉強熱心でもありますよね。


 もう1つは、人の話をよく聞いて素直にすぐ実行する人。


 これは、自分より上手な方・新人さんを問わず、人の話を真剣に
 聞き、今の自分の知識や技術を高めようとする人です。


 いいと思ったことはすぐ実行。その時々に応じて少し上のことを
 すぐ実行に移します。


 先輩からの宿題や、後輩から質問されて答えられないようなこと
 は、必ず次の日までに調べてくる。


 逆になかなか上達しない人は、ちょっと調べればわかるカンタンな
 ことさえ後回しにします。


 上達する人が、どんどん腕をあげるのは、その時々の状態に応じて
 その人にとって少し上のアドバイスを即実行するからです。


 例えば、「これ読むといいよ」と渡したら、かじりつくように読む
 人です。 ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/lec/564  


 (そうそう、「簡単!超音波の基礎クイズ」をアップしましたので、
  ぜひ皆さんチャレンジしてみて下さいね)


 この2つ目は本当に大切です。

 まずは、少し背伸びすれば届く部分を頑張ってくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第80回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
 またもや脂肪肝です。

 ▽肝臓の超音波検査 その9  NASH(ナッシュ)?


 脂肪肝って肝硬変とかにならないから大丈夫 (^^)v


 いえいえ、そんなことはありません。


 たまに(いえ、意外に多い)太ってもいないし、酒も飲まないと
 いう方に、「えっ なんで?」と思うような高度の脂肪沈着が
 みられる患者さんがいます。


 そう、NASH(Non-alcoholic steatohepatitis:非アルコール性
 脂肪性肝炎)です。


 NASHは、飲酒をしない人がアルコール性肝障害と同じような病態
 を呈する病気ですね。

 一般的な非アルコール性脂肪肝(NAFLDといいます)。


 これは肥満による脂肪細胞からの脂肪酸の流入、過食による肝細
 胞での脂肪酸・TG生合成の増加、インスリン抵抗性による肝細胞
 での中性脂肪の生合成上昇や末梢でのリポ蛋白リパーゼ活性の低
 下によっておこります。
 

 このNAFLDの中で約20%がNASH(つまり炎症を起こすタイプ)で、
 その内の20%が肝硬変まで進行すると言われています。


 成人の20%がNAFLDと大雑把に考えると・・・


 NASHは少なくとも200万人。


 そして肝硬変まで進行する人は、なんと40万人以上!


 すごい数ですね。

 NASH患者は肥満、高血糖、高脂血症(生活習慣病ですね)の中高
 年女性に多く、特にインスリン抵抗性が注目されています。


 インスリン抵抗性に肥満や運動不足が加わり、生活習慣病の一症
 状として脂肪肝なる。


 さらに、中性脂肪を燃焼させようとするミトコンドリアの「頑張
 りすぎ」で発生した活性酸素がミトコンドリアを傷つけ、中性脂
 肪を過酸化脂質に変えて肝臓に炎症が広がるのだそうです。


 活性酸素はDNAまでも傷つけて癌へ……。


 脂肪肝 ⇒肝炎 ⇒肝硬変 ⇒肝臓癌 という図式です。

 そして、このNASHを早期に発見するのは、やっぱりエコーです。

-------------------------------------------------------------

 ■発行者  : 飯塚茂(超音波検査士・総合健診指導士) 
 ■URL    : http://us-ism.com http://us-ism.net 
 ■ご感想    : info@us-ism.net  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 

 ■プロフィール : セミナー後、出張が続き疲れ果てている^^;


-------------------------------------------------------------


 クイズ 何問できるかな?(タダです^^)
 ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/lec/564  


 心エコーの予定が決まりました!
 ⇒ http://us-ism.net/seminar.html 

-------------------------------------------------------------

 ◆編集後記


 今回は少しまじめな話でした ^^


 エコーをやっていると、脂肪肝は多く遭遇する疾患です。


 (でも本当に成人の20%もいるかなぁ?)


 それはともかく、脂肪肝を見たときに、その程度を報告するだけ
 でなく、背景も考えられると大きくエコーの幅が広がりますよね。


 ただ単に「脂肪肝」とするのではなく、「NASHかも?」という気
 持ちを持って検査をすることが大切です。




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.