はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

名誉? の回復!

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2006/10/14                  
                              
===========================第85号=



 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。


 “ 大 変 不 満 ”!


 その理由 ⇒ 『あやしいから』


 これをみて、思わず笑っちゃいました ^^


 お試し受講された方からの「レビュー」です。
 ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/ksa/1170-1-564 

 第1章の中身は、確かに「かなりあやしい」ですよね (^_^;


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第85回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ということで、今回は「あやしくない」って事を皆さんに
「言い訳」してみようかと思います。。。


(大丈夫かなぁ? よけい怪しくなりそうな予感が・・・)


 ▽名誉? の回復!


 エコー、CT・MRI、サーモグラフィー ・・・


 画像検査と呼ばれる検査は、エコーなら超音波、CTならX線、
 MRIなら磁場とラジオ波・・・


 その使用する「モノ」の特性を活かし、さらに先人達が創意工夫
 を重ねた結果、生体内を画像化することが可能になったものです。


 ですから、画像検査では「何を使用」した検査か?  そして、
「使用するモノの特性」といったことを理解していないと上達する
 ことはできません。


 ヘタをすると、とんでもない検査結果になってしまうこともある
 怖〜い検査ですね。


 

 ▽『超音波の“超”基礎原理〜』

 

 エコーは超音波を使用した画像検査です。


 ですから、もちろん「超音波の特性」を利用している訳です。


 超音波の特性?


 はいっ! そうです。


 超音波の特性には色々ありますが、やはり「減衰」です。
 超音波診断は「超音波が減衰する」という特性を利用して画像
 化しているのです。


 超音波の減衰には「反射」「吸収」「散乱」「屈折」「回折」
「拡散」「干渉」といったものがありますが、どれも超音波診断
 を実施する上でとても大切な特性です。

 特に「反射」!


 なぜ「反射」が大切かというと、AモードもBモードもパルス
 ドプラ、カラードプラも・・・


 ぜ〜んぶ「パルス反射法」を使って生体内情報を画像化して
 いるからですね。

 プローブから超音波ビームを断続的に発射(パルス波)し、
 生体内の組織にあたって反射してきた超音波を画像化。

「パルス反射法」 ← これが基本です。


 さて、「減衰」というからにはプローブから発射した超音波は
 生体内を進むにつれて減ってっちゃう訳です。


「後方エコーの増強」なんてエコー用語もありますが・・・、


 絶対に増えません ^^


 だから、GAINやSTCがエコー装置についているんですね。
 

 つまり、出した超音波が組織にあたって反射。


 またプローブまで返ってくるまでに減衰してしまった微小な反射
 信号をアンプを使って増幅してあげる必要があるのです。


 返ってきた信号全部を増幅するのが「GAIN」。


 超音波は進むにつれ、当然減っていきますので、進む距離が長い
 ほど増幅度を少しづつ増やしているのが「STC」なワケです。


 そして、GAINもSTCも、最初から平均的な方に合わせて
 調節されています。 ← これ重要です!


 最初から増幅しているってことと、平均的な方に合わせてある。


 もうわかりますよね?


 平均的じゃない方の検査をするときには調節しなければ最適な
 画像が得られないんです。


 つまり、適切に装置の調節ができないと「正確な検査ができて
 いない」ってことですね。


 


 こんな『超音波の“超”基礎原理〜』をできるだけやさしく解説
 したものがコレです ^^

    ↓   ↓   ↓

 「超音波検査士が教える超音波の原理習得術!」
  ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/ksa/1170-1-564 


 「アヤシ〜」なんて云わないで、やってみて下さい。


 ( 言い訳 成功したかな ^^; ) 

 まさか ・・・


 ○脂肪だから白く表示される

 ○エコー画像上で測った距離は正確

 ○超音波画像は生体内を忠実に再現している

 なんて思っていませんよね?


 そして間違った装置の使い方・・・


 してませんよね?

-------------------------------------------------------------

 このメルマガは「絶対に」知り合いに教えてはいけません!!

 たまにウソが書いてありますから・・・。

 あなただけは注意してくださいね ^^


 みなさんの感想、お待ちしてます ⇒  info@us-ism.com

 -------------------------------------------------------------

 ■発行者  : 飯塚茂(超音波検査士) 
 ■URL    : http://us-ism.com http://us-ism.net 
 ■ご感想    : info@us-ism.com  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 

-------------------------------------------------------------


 ◆編集後記


 画像検査、そしてエコーの持っている意味・・・


 ○「わかる人」には「わかる」。

 ○「わからない人」には「わからない」。


 そんな講座かも知れません ^^


 でも、多くの超音波検査士さんが絶賛してくれます。


 なぜなら・・・、


 熟練者こそ「基礎と原理の大切さ」を身に沁みてわかって
 いるから・・・。


「超音波検査士が教える超音波の原理習得術!」
 ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/ksa/1170-1-564 


 
 
 講座を終わる頃には、必ずワンランク上の検査ができるように
 なります ^^v
 


-------------------------------------------------------------

 もうそろそろ本気を出さなきゃ!
 ⇒ http://us-ism.net/text.html 

-------------------------------------------------------------

 在庫が不足してます (* ̄д ̄)
 ⇒ http://us-ism.net/text2.html 

-------------------------------------------------------------


 明日はセミナー 頑張りましょー  ^^v
 ⇒ http://us-ism.net/seminar.html  



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.