はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

乳癌


 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2007/01/25                  
                              
===========================第99号=



 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。

 「こんど結婚することにしました」


 「え〜! だ、だれと?」


 「たぶん知らない人です 今度連れてきますよ」


 「とりあえずよかったね〜 おめでとう」

 もう、いい加減結婚した方がいいんじゃないの? と
 いわれ続けていた32歳の後輩が昨年結婚しました。

 (医療関係者ではありません^^)


 奥さんになる方は28歳でとてもカワイイ♪


 みんなから祝福され、とても幸せそうだったんですね。  

 
 ところが・・・
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第99回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 結婚式から3ヶ月くらいたったあと、この後輩が「暗〜い顔」で
 私の所にやってきたのです。

 「今日は相談があって来ました」


 「まさか、もう離婚なんて話じゃないだろ〜な?」

 彼は私の冗談にはまったく応じず、いたってまじめな顔で言いま
 した。


 「先輩って病院で働いてるんですよね?」


 「そうだけど?」


 「ちょっと聞きたいんですが、実は乳癌みたいなんです」


 「誰が?」


 「病院で、たぶんそうだろうって」


 「まさか奥さん?」


 「そうです」

  ・・・。

 私の口から真っ先に出てきた言葉といえば、


 「まだ28歳じゃなかったっけ?」


 だったのを憶えています。


 
 その後、みなさんご存知のように様々な検査が行われたあと、
 医師から下された診断は、やはり「乳癌」。


 温存術も不適応で、全摘するしかなかったそうです。

 でも、これで終わりではありませんでした。


 さらに悲劇は続き、その3ヵ月後に反対側に転移が発見され、
 結局両方の乳房を失うことになってしまったのです。


 そして、術後の抗がん剤療法による副作用は思った以上に強く
 抜け毛、吐き気に悩まされた挙句、しばらくは外にも出られな
 い状態にもなってしまいました。


 今では2人ともだいぶ落ち着いてきて、新たな転移も見つかっ
 ていません。


 でも、結婚3ヶ月で後輩夫婦に襲ってきた悪夢は、私にとって
 も、とても衝撃的な出来事でした。


 その一方で、私の知り合いの女性でもう一人乳癌を患った方が
 います。


 この方は早期に見つかり、しかも温存できたんです。


 今も明るく元気に働いています。


  

 すぐ身近に2人も乳癌を経験した人がいる・・・


 まずは、やっぱり確実に増えているんだと実感します。


 数字では日本女性の癌罹患率第1位なんて頭の中でわかっちゃ
 いるし、心電図をやっていれば、その多さも知っている。


 もちろんエコーでも年に何人も発見される。


 でも、それは頭のどこかで「病院だから」というものがあった
 のですね。実際に身近で感じることとは、まったく違います。
 
 

 そして、もう一つ。


 乳癌は早期に発見できれば治るということ。しかも、早ければ
 早いほど治療選択の幅も広がるってことです。


 もちろん、これは乳癌に限ったことではありませんし、乳癌の
 種類や位置によっても異なりますが。


 でも、実感します。

 私の知り合いの場合、明暗を分けたのは、当然年齢的なものも
 ありますが、本人の乳癌への関心度だったのではないでしょう
 か?


 早期に発見できた方は、定期的に自己検診をして、乳癌検診も
 受診していたそうです。


 見つけたのはエコーでした。


 やっぱり乳癌ほど検診の重要度が高いものはないと思います。


 今の乳癌検診はマンモグラフィーが主流ですが、エコーの必要
 性は近い将来に必ず大きく高まってくると思います。


 その前に「乳癌の知識とエコーの技術」を高めて、ぜひ乳癌の
 早期発見に貢献できるようにしておくことが大切ではないでし
 ょうか。


 乳癌検診でエコーの有効性が実証しにくいのは、やはり個人個
 人の知識や技術に検査のすべてが託されているからですよね。 


 だからこそ、エコーをやっている「みんなで」乳癌に対する知
 識や超音波技術の底上げが必要だと思うのです。

 まずは見逃さずに確実に拾い上げること。

 そして次に質的な診断ができるように。


 

 

-------------------------------------------------------------

 このメルマガには医学的な見地から妥当ではない医療用語や表
 現、文章、内容を記載している場合があります。ご注意願いま
 すとともに、このメルマガの内容は自己責任にてお取り扱い下
 さい。また記載内容から生じた損害等についての責任は負えま
 せんのでご了承下さい。

 メルマガの解除はこちらからできます
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000154234.html 

-------------------------------------------------------------


 乳腺超音波検査に取り組んでみませんか?
 ⇒ http://us-ism.net/program4.html 


 超音波の基礎はとても大切です
 ⇒ http://us-ism.com/2008/12/post_77.html 


 腹部エコーの理解を深めるために
 ⇒ http://us-ism.net/text4.html
   http://us-ism.net/text2.html  


 最後の1週間で使う“公式集” 
 ⇒ http://us-ism.net/text3.html 


-------------------------------------------------------------

 ■発行者  : 飯塚茂(超音波検査士) 
 ■URL    : http://us-ism.com http://us-ism.net 
 ■ご感想    : info@us-ism.com  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 

-------------------------------------------------------------

 ◆編集後記

 次回は・・・


 第100号です。(ここまでくるとは思わなかった ^^;)


 このメルマガを通して、今までにたくさんの友達ができました。


 診療放射線技師の「でんでん」さんもその一人です。 このメル
 マガを始めたときからのお付き合いですね。


 私は臨床検査技師なので、このメルマガはとても役立ちます。


 「自分の体は自分で守る!! 病院でのレントゲン検査」
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000145546.html 

 
 最近はエコーの話題も出てきて、学会発表もされているそう
 ですよ〜 


-------------------------------------------------------------

 乳腺超音波検査に取り組んでみませんか?
 ⇒ http://us-ism.net/program4.html 


 超音波の基礎はとても大切です
 ⇒ http://us-ism.com/2008/12/post_77.html 


 腹部エコーの理解を深めるために
 ⇒ http://us-ism.net/text4.html
   http://us-ism.net/text2.html  


 最後の1週間で使う“公式集” 
 ⇒ http://us-ism.net/text3.html 


-------------------------------------------------------------


 今回のテーマはとてもデリケートな問題ですね。


 「男のお前に何がわかる!」


 こう言われても困りますし・・・。


 でも、乳癌検診の重要性とエコーの可能性をみなさんに
 お伝えしたかったので、今回はあえて触れてみました。

 それではまた。

ないものはない!お買い物なら楽天市場



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.