はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

あなたへの『アドバイス』

===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2005/12/06                 
                              
===========================第38号=


 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。

 前回の「エコー“効率的”習得法」 

 ホントに効果絶大ですから、絶対に実践してくださいね (^^)v

 今日は、お知らせした予定をちょっと変更して・・・

 
 予備知識がほとんどない状態でこれから超音波検査を始める方へ
 のアドバイスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第38回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 エコー 「できるようになりたい」!


 そのために何をやったらよいのか・・・?  

 教えてくれる先輩もいないし・・ 


 そう思われているあなたへの道しるべです。


 まず、「できない。わからない。」という状態は、チャレンジ
 しようとして出てきた結果ですので、それは一歩前進している
 ということです。


 本当に何もしない人は、そんなことすら考えません。


 そして、わからないことは調べて解決すれば、また、一歩進む
 わけです。

 では、すべきことをお話します。


 まずは「ハイベーシック超音波検査」という本を読んでください。
 これは超音波の原理をわかりやすく書いてある本です。


 これを読めば超音波の原理と超音波診断装置を理解することがで
 きます。


 第一段階は装置を使いこなすことができるようになればよいので
 す。

 ▽ 「ハイベーシック超音波検査
   http://us-ism.com/2005/10/post_5.html 

 さらに一歩先に進むためには解剖や病態の知識を身につけること
 が必要です。


 そして疾患に特徴的な超音波像も知っておく。


 あとは実践するのみです。

 
 ただ、今は一歩先へ進むための準備をしましょう。基礎をしっか
 り身に付けておくことがとても大切です。


 
---------------------------------------------------------------


 初めて読んでいただく皆さん、登録ありがとうございます。


 
 ◎このメルマガの内容

 このメルマガでは超音波検査を始めようとしている方や、初心者の
 みなさんに「誰も教えてくれない」「こんなこと今さら聞けない」
 といった部分をわかりやすく解説しています。

 そして、「ちょっとしたコツ」や「超音波検査士ならではのノウハ
 ウ」、「ヒント」もお伝えします。 

 ◎こんな方に読んでいただきたいメルマガです。
 ・医療職を目指す方
 ・超音波検査に興味がある方
 ・超音波検査を習得したい方
 ・超音波検査初心者


 バックナンバーは こちらから どうぞ
  ⇒ http://us-ism.com/03melmaga/ 


 感想・ご意見・文句はこっち!
  ⇒ info@us-ism.com 

 
---------------------------------------------------------------

 勉強時間は短縮できます!

 超効率的勉強法 ⇒ http://tinyurl.com/b43pa 


---------------------------------------------------------------


 無料で医師に質問できるサイトを紹介します。

 10万人の医師に質問できるQ&Aサイト【 AskDoctors 】
  ⇒ http://mo-v.jp/?3181 

 期間限定の特別キャンペーン中ですから、無料のうちに
 会員になっておくと便利です。


---------------------------------------------------------------
 ◆編集後記
---------------------------------------------------------------


超音波診断装置には多くの機能が搭載されています。

 その機能は

 ●「より忠実に身体の中を再現したい」
 ●「より詳しく病態を知りたい」
 ●「より有用な情報を得たい」

 というところから進歩してきた技術です。


 そして、初心者に限らず超音波診断を実際に行っている方々が
 装置の機能をごくごく普通に使っています。


 ところが、多くの方々がその機能の本当の意味や、基礎を理解
 しないまま使っているのです。

 
 だから「本当に使うべき機能が選べない」「次に何をどう調節
 したらよいのかわからない」ということが起こってくる。


 まだ、そのことに気づいている人はいいのです。


 自分が機能を使えていないことや、見当違いの使い方をしてい
 ることにまったく気づいていない方もいるのです。

 


 そんな人に検査された患者さんの運命は・・・

 
 


 一歩先へ進んだときに困らないために、そして、わざわざ遠回り
 をしないためにも、今のうちに基本をしっかり身に付けておくこ
 とが大切です!
 

 ▽ 「ハイベーシック超音波検査
   http://us-ism.com/2005/10/post_5.html 

---------------------------------------------------------------




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.