はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

発生学のススメ

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2006/03/27                 
                              
===========================第56号=

 まいどっ! 超音波検査士の飯塚です。


 今回は珍しく月曜日の配信です (^^)


 
 
 なんかへんだなぁ〜

 ちょっと違うような・・・

 そうだ!

 やっぱり、困った時にはこの本だよね!(ジャーン)

 取り出したのは「発生学」!

 また始まった・・・ (^^;

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第56回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 エコーをやっている方ならわかると思いますが、ヒトの身体の
 中身は十人十色。それこそ千差万別です。

 誰もが同じ大きさや形をしている臓器を持っているわけでは
 ありません。

「ちょっと普通と違うぞ」っていうことは、いくらでもあります。
 


 でも、それぞれにみんな正常なんです。

 
 ◆正常と異常の境目


 エコーで意外にやっかいなのは・・・

        ↓

 この「ちょっと普通と違っているけど正常」ってヤツです。

 これって、はじめた頃はホントに悩みます。

「異常」なの? 

 それとも「正常」?


 もし正常なのに、「異常あり」とか、「悪性かも」なんて報告
 をしてしまったらどうなるでしょう?

 主治医は患者さんにこういいます。

「超音波の検査でここに影がありますから、念のためもう少し
 詳しく調べてみましょう」

 もしかして「私は癌?」と、患者さんはいらぬ心配をします。
 また、再検査や精密検査で無駄な医療費もかかります。

 これは、出来るだけ避けたいところですね。


 でも、超音波検査の役割で大切なことは「病気の早期発見」
 なのです。

 普通とちょっと違う超音波所見を頼りに、病気を早期に発見
 しなければなりません。

 そこで、「正常」と「異常」を見分けるために必要な知識が
「発生学」なのです。


 ◆発生学のススメ


 例えば腎臓の「Bertin's column:ベルタン柱


 ベルタン柱は腎皮質の過形成ですが、CECに突出している像
 が、あたかも「腫瘍」にみえる場合があります。


 腎細胞癌や腎盂癌と判断に困りますね。


fetal lobulasion:胎児性分葉」なんてのもあります。


 腎臓は胎生期に10個くらいの腎葉というものが一つにまとま
 ってできます。


 これがうまくいかないと、成人になってもきれいに腎臓の形に
 ならずにボコボコと葉状の状態で残ってしまうんですね。


 外側に突出してみえるため、腎細胞癌と間違えてしまうことが
 あります。


「馬蹄腎」や「重複腎盂」


 いずれも発生の過程で生じるもので、エコー初心者や、知らない
 人は「癌かも?」と結果を出してしまう可能性があります。


「異所性腎」


 腎臓がないっ! ← たまにみかけます。
 腎臓は胎児期に骨盤腔から通常の場所に上がってきます。上がり
 きれずに骨盤腔内に留まってしまう場合や、逆に上がり過ぎて脾
 臓の上まで行ってしまうことも。


 腎臓の例をいくつかあげましたが、他の臓器でも同じように発生
 の過程がちょっとうまくいかなかっただけで「普通と違っている
 けど正常」になってしまうことがよくあるのですね。

 早期発見に必要な「初期の異常」


      と、


「正常だけど、ちょっと変」
 


 この差を見分けられるようになるために・・・

「発生学」を勉強することをオススメします (^^)v

--------------------------------------------------------------

 このメルマガは知り合いに教えないでね!!

 もったいないから・・・。 (^^)v

 
 超音波検査士が教える超音波の原理習得術!
   ⇒ http://www.knowledge.ne.jp/lec/564   


 超音波診断の専門書 (えっ 持ってないの?)
   ⇒ http://us-ism.com/04amazon/ 


 感想・ご意見・文句はこっち!
   ⇒ info@us-ism.com 
  
 
-------------------------------------------------------------

 これで勉強時間は短縮できます!

 超効率的勉強法 ⇒ http://tinyurl.com/b43pa 

-------------------------------------------------------------

 無料で医師に質問できるサイトを紹介します。

 10万人の医師に質問できるQ&Aサイト【 AskDoctors 】
  ⇒ http://mo-v.jp/?3187  

 期間限定の特別キャンペーン中ですから、無料のうちに
 会員になっておくと便利です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 病気じゃないけど、普通と違う・・・


 これを「正常変異」なんていいます。


「正常変異」には先天的なものもあれば、大人になってから
 起きる肝臓の「Accessory fissure on the liver」みたいな
 後天性のものがあります。


 また、「正常」であればよいのですが、先天的な変異が病気
 になってしまうことも、ここには書ききれないほどたくさん
 あります。

 
 やはりエコーには「発生学」の知識が必要ですね。
  ⇒ http://us-ism.com/2005/10/post_93.html 
 


-------------------------------------------------------------

 今日の「内臓逆位不全」はタイヘンでした(汗)


 身体の臓器が全部逆なら簡単なのですが、肝臓は正常の位置
 にあって、脾臓は逆側肝臓の横に。


 そして、胆嚢と膵臓はどこっ? って感じで・・・。
  



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.