はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > ▽「超音波検査」 何から始めればいいの?
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

▽「超音波検査」 何から始めればいいの?

 超音波検査の世界へようこそ!       
 ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
 あなたも「医用超音波診断」にチャレンジしませんか?
 
===============================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2007/04/09                   
                              
===============================

 まいどっ! 超音波検査士の飯塚です。

 なぜか最近「help! メール」がたくさん届きます。


 この季節、異動や配置換えによって「エコーを始めなくちゃ
 ならない」という方が多いようですね。


 ◆「明日から超音波検査室に配属です」

 ◆「すぐに腹部と乳腺を覚えなきゃなりません」

 ◆「どうすればよいでしょうか?」


 急に「エコーやれ」っていわれたって、なかなかそう簡単に
 できるもんではないですよね ^^;


 今回は、そんな困っているみなさんにちょっとアドバイスです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
 ▽「超音波検査」 何から始めればいいの?

 ん〜、難しいテーマです。(−−;)

 まず、急に明日からってのは不可能ですね。
 残念ながらこれは絶対に無理。。。


 じゃあ、どーすりゃあいいのか?

 全てを一気に覚えるのは無理ですから、次のような順番で
 取組んでみてはいかがでしょうか。


 1.正常解剖の理解
 2.超音波の基礎原理
 3.正常例をたくさん見る
 4.疾患の知識とそのエコー像


 まず正常解剖と超音波の基礎原理を知ること。
 そして、正常例をたくさん見ること。


 これは並行してできると思いますから、まずこの3つに取組む
 ことがよいと思います。


 
 ▽解剖〜


 解剖に関しては一つ一つの組織や臓器を憶えるだけではなく、
 周囲組織との位置関係が大切です。


 そして、これを立体的に理解する。

 えっ よくわからない?


 では、もう少し具体的に。。。

 エコーは断層画像をリアルタイムでみながら検査を進めます
 よね?


 で、大切なことは表示できる断層面が無限∞にあるってこと。


 つまり、エコーは超音波を入射する場所や角度、方向・・・ 
 どうにでも表示できちゃうのです。


 だから、いま画面中央に映し出されているものが何なのか? 
 そして、その右には何が見えているのか? 


 それが正常なのか?


 これがわからないと先に進めません。
 というか検査になりません。

 例えばですね〜


 首に正面からプローブを当ててみると、画面中央に映っている
 のは何でしょう?


 この時、気管が映っていたとします。


 そしてその上には甲状腺峡部。右には甲状腺左葉、その右には
 左総頸動脈と迷走神経、左内頸静脈、肩甲舌骨筋、胸鎖乳頭筋


 下側には・・・

 次に真横からプローブを当ててみます。映しだされる画像は
 ガラっと変わります。


 このときに上下左右に映っているものが何だかわかります?


 また、同じ位置にプローブを当てていたとしても、プローブを
 回転させたり、超音波を入射する角度を上下に変えると・・・


 またまた出てくる画像は変わります。

 さらに・・・

 それが正常なの? それとも異常があるの?

 今は頸部のたった一部分だけを書きましたが、これが腹部や
 心臓だったら・・・


 ちょっと気が遠くなってしまいます  (_ _;)…
 

 予想以上にたいへんですよね。

 だから解剖は立体的に理解しておくことが大切で、正常像も
 できるだけたくさん見ておくことが必要になってきます。


 

 ▽基本が大切です

 次に超音波の基礎原理的なこと。 (まだあるのかいっ!)


 はい、大切です ^^


 最近の超音波装置ってすごく性能が高くなってきてます。
 その性能は、フルに使わないともったいないですよね。


 より細かく、そしてリアルに身体の中を映し出すことで、
 エコーの高い診断能力が生きてきます。


 それには的確な装置の調節が必要ですね。


 ちゃんと調節してあげないと映るものも描出できません。
 つまり、見落としの原因になってしまうということです。


 また、間違った使い方をしてしまえば、間違った結果を出す
 ことにつながってしまいます。


 超音波の基礎原理と装置を理解することで、より正確で、
 よりレベルの高い診断が可能になります。

 ⇒ 超音波の基礎原理と装置を理解する 


 ということで、長くなりましたがこれからエコーを始める
 みなさん。


 まずは、こんなことにチャレンジしてみてください。

 最初から疾患やそのエコー像に取組むのもいいのですが、
 その前にやっぱり基本ができてないとね。。。

-------------------------------------------------------------

 このメルマガは「絶対に」知り合いに教えてはいけません!!

 たまにウソが書いてありますから・・・。

 注意してくださいね ^^


 みなさんの感想、お待ちしてます ⇒  info@us-ism.com

-------------------------------------------------------------

 ■発行者  : 飯塚 茂(超音波検査士) 
 ■URL     : はじめての超音波検査 超音波実技研修会 
 ■ご感想    : info@us-ism.com  
 ■登録・解除  : http://www.mag2.com/m/0000154234.html 
 
-------------------------------------------------------------

 ◆編集後記


 えっと、私は看護学校の講師なんかもやらされています。


 教えているのは、もちろん「エコー」といいたいところですが、
 受け持っているのは「感染と予防」 ^^;


 免疫のしくみや感染症と、その予防などについてです。


 でね、人が一生懸命に説明しているのに、中には寝てる奴がいる
 わけです。(−−メ


 ま、自分もそうだったからしょーがないけどね ^^
 

 ではまた!

--------------------------------------------------------------

 一から学べるエコー実技セミナー


 すでに147名が参加表明しています
 ⇒ http://www.ultra-sounds.net/fukuoka/ 

-------------------------------------------------------------




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.