はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > 「超音波検査」 ▽また また また「ドプラ」について
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

「超音波検査」 ▽また また また「ドプラ」について

 ここのところ「ドプラ」について書いています。

 (といっても、たった月2回ペースですが ^^;)

 
 ドプラは、多くの方が手こずっているようで、質問もた〜くさん
 届きます。


 でも、エコーをやる人にとって、ドプラが使えないってのは、死活
 問題ですもんね。


 まだ返事が来ない方は、もうちょっと待ってて下さいね m(__)m


 えっと、前回は「ドプラの角度依存性」について、話しましたが、
 今日は、その続きというか、補足です。


 あっ、その前にちょっと「お知らせ」があります。


 今年も、医用超音波の基礎の勉強会を開催しますので、来年に超音
 波検査士を受けようと思っている方は、参加するとよいですね。


 超音波検査士 受ける人で基礎に困っている人 集まれセミナー!^^  
 ⇒ 超音波検査士対策セミナー

 はい、ではいきましょ〜!


 超音波の基礎が嫌いなヒトは、今すぐこのメールを閉じて下さい^^


 ▽また また また「ドプラ」について

 ドプラには、角度依存性があって、血流に対して「真横」から超音
 波をぶつけてしまうと「ドップラー効果がない」ということを前回
 いいました。


 血流に対して超音波を「真後ろ」、または「真直ぐ前」から入射し
 ましょうと。。。


 でも、これができれば苦労しないんですよね〜。


 実際にエコーやっていても、ドプラを使うときに、真後ろや、真直
 ぐ前から入射できることの方が少ないと思います。


 こんな時はですね。


 しょうがないから、斜めに入射しましょう。横からはダメです ^^


 でね、できるだけ「真後ろ」、または「真直ぐ前」から超音波を入
 射したいので、装置には、親切に超音波ビームを斜めに振る機能が
 付いています。


 よく聞く「スラント」っていう機能です。


 カラードプラのボタンを押すと、平行四辺形が画面に出てきますよ
 ね?パルスドプラのボタンを押すと、斜めに線が出てきますよね?


 あれ(スラント)は、電気的に超音波ビームを斜めに振る機能で、
 できるだけ「血流と超音波ビームのなす角度」を小さくするために
 付いているんですね。


 とっても便利です ^^


 まあ、ドプラを使うときには、スラントを利用したり、アプローチ
 する位置を変えたりしながら、血流と超音波ビームのなす角度を小
 さくすることが大切ですよってことです。


 
 次に、斜めに超音波ビームを入射した場合。


 この入射角度は、当然ドップラーの公式に組み込む必要があるんで
 すね。


 つまり、血流に対して、超音波をどのくらいの角度で入射している
 のかってことが、計算する時に必要なのです。


 これがわからないと、正確な血流速度が求められません。


 装置は、そんなにスグレモノではないので、「超音波を血流に対し
 て、どのくらいの角度で入射しているのか」といったことがわかり
 ません。


 ですから、これを教えてあげる必要があります。


 これは「角度補正」なんていわれているものですね。


 「角度補正」なんてヤヤコシイ名前がついているので、わかりづら
 いのですが、要は、血流に対するビームの入射角度を装置に教えて
 あげるためのものです。


 これを適当にすると、計算で出てきた値が、間違ったものになって
 しまいますので、装置にウソを教えないように注意しましょう ^^


 

 ドプラって、意外と面倒ですね ^^;


 あ、まだお話しすることがありました。


 もうちょっとです。


 
 血流に対するビームの入射角度ですが、心エコーでは20°以内、
 頸動脈エコーでは60°以内でやりましょうといわれます。


 これはですね、いくら装置に入射角度を教えてあげて、ちゃんと計
 算したところで、計算で出た値(血流速度)は、入射角度が大きく
 なるにつれて誤差も大きくなってしまうからです。


 例えば、血流と超音波ビームの入射角度が70°で血流速度を計測
 しました。ちゃんと数値も100cm/秒と出ました。


 ところが、これは誤差が大きくて、正確なデータではないというこ
 とです。


 このまま結果を出してはいけません。。。

 
                       つづくかも?
 


 ◆編集後記


 超音波検査士に「血管」が増えましたよね。


 今回の新潟地震後も、被災地では下肢血管エコーが大活躍している
 ようです。
 

 う〜ん、ドプラ ますます大事です。。。


--------------------------------------------------------------

 超音波検査士が教える超音波の原理習得術!(初心者用です^^) 
 ⇒ ベーシック   

--------------------------------------------------------------




BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.