はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

わかっちゃいるけど・・・

 ▽わかっちゃいるけど・・・


 超音波診断(エコー)って、目の前に映っているエコー画像と立
 体的な解剖とが、最初はなかなか一致しないものですよね。


 エコーを始めた頃の事ですが、いまエコーの画面に肝臓が映って
 いるのはわかるのです。


 でも、肝臓のどこがどのような角度で画像に描出されているのか
 が さっぱりわからない。


 「こっちが上で、ここが右側でしょ」


 「いや、ここに心臓が出てるから、こっちが上か」


 「えっと、だから今は肝臓をこんな感じで見ている画像かな?」


 こんな感じで、検査どころじゃなかったんですね ^^;


 なんで、こんなになっちゃたのかっていうと、本に載っている写
 真やシェーマだけで解剖を覚えようとしたから。


 本に載っている写真って、エコーで無限につくれるスライス面の
 うちの、たった一つの断面ですよね。


 でね、エコーって斜めに超音波ビームを入れることが多いでしょ。


 だから、ちょっとプローブの角度を変えてしまうと、血管などの
 目印がなくなっちゃう。


 すると、本に出ている写真とは全然違う部分を切ってるわけ。


 もうお手上げです。


 「あなたはSの何番さんですか?」ってなっちゃう ^^;


 先輩に聞いてみても、聞かれた先輩もよくわからないもんだから、
「本に載っている写真をみてみな! ここはS7だろ!」


 なんて。。。


(いや、だからそれがわからないんだって!)


 で、ある時困った挙句に、どうすればいいのかよーく考えてみた
 んです。どうすれば、エコー画像と実際の立体的な解剖が一致す
 るんだろうと。
 

 すると・・・、


 意外に簡単だったんですよ。 


 これが。。。


 そして、この日を境に「エコー」ってものが、少しづつわかって
 きたんです。


 画面に映し出されているエコー画像と実際の立体的な解剖が一致
 すると、今まで見ていた景色が一変します。


 エコーの画像を見る目が変わってきます。


 次にすべきことも見えてきます。

 エコー画像と解剖を一致させる方法。あなたも一度、よーく考え
 てみてはいかがでしょうか?


 あ、本の写真をみててはダメですよ♪



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.