はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > ちょっとしたことだけど・・・その2
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

ちょっとしたことだけど・・・その2


 なんか 最近、「日にち」や「曜日」の感覚がおかしくなってきま
 した ^^;


 先日ですが、超音波検査士を来年受験する方々に向けた「医用超音
 波の基礎セミナー」を開催しました。


 後ろの方は「ちょっと見にくかった( ̄へ ̄)」という意見もあり
 ましたが、おおむね「わかりやすくて良かった」と、ありがたいお
 言葉をいただきました。


 セミナーの内容はといえば、エコーの基礎原理について講師の先生
 が「本当に大切な部分をすごくわかりやすく」解説されていました
 よね。(みなさん、だいじょーぶですか〜?)


 まだ勉強が進んでいなくて、とっても大事なことに気づかなかった
 方、必ずあとでもう一度、とったはずのメモをよ〜く見直してみま
 しょう!

 あ、そういえば・・・

「超音波検査士研修ガイドライン」って知ってます?

 たぶん、大切なことが載っているような気がします ^^
 ⇒ http://www.jsum.or.jp/book/index.html#anchor5 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 さて、今日はもっと簡単な部分を・・・

 ▽ちょっとしたことだけど・・・その2

 今日は、何となく「エコーの弱点」について考えてみました。


 超音波診断の弱い部分に「骨の後ろ」や「空気」があることは、
 誰でも知っていることです。


 ここには「超音波の反射」や「超音波の減衰」が大きく関わって
 いたのでした。


 音響インピーダンスとか、減衰定数の問題ですね。


 あと他に、エコーの弱いところといえば、「フォーカスからはず
 れた部分」があげられると思います。


 超音波ビームの幅が広いところですね。


 意外に忘れがちなのがプローブに近い部分です。特に痩せている
 患者さんの検査をするときは、目的とする部分がすごく近くにあ
 ったりします。


 こんな時は、フォーカスが効いていないということや、アーチフ
 ァクトが画像の中にたくさんあるということを考えながら検査す
 ることが大切だと思います。

 ▽ちょっとここでフォーカスについて

 超音波診断装置で用いられているフォーカシング方法には色々と
 ありますが、一般的に電子フォーカスと音響レンズが使われてい
 ますよね? (アレイプローブでの話です)


 ん、よくわからない?


「アレイ」っていうのは超音波を発振する素子がいっぱい並んで
 いたり、同心円状に配列されているプローブです。


 よく「リニア“アレイ”プローブ」なんて言われたりするじゃな
 いですか。


「アニュラ“アレイ”」なんてのもありますよね。


 ともかく、素子が複数 配列 されたプローブのことです。


 で、超音波ビームにはある程度の幅があって、それを細くしなけ
 ればキレイな画像をつくれませんので、超音波ビームを細く絞る
 必要があります。


 そのことを「フォーカシング」なんていいます。


 カメラのフォーカスと同じようなもので、エコーもフォーカスが
 合っていない部分は「ピンボケ」です。


 ただ、いくら「電子フォーカス」や「音響レンズ」でビームを絞
 ったところで、すごくプローブに近い部分はビームを細くできま
 せん。


 だから、この部分はあまりキレイじゃないんですね。さっきも言
 ったとおり、アーチファクトも多いですし。。。


 ▽じゃあ、そのままでいいのか?

 よくありません ^^;


 なので、プローブのすぐ近くをよく観察するためには、何か工夫
 をする必要があります。


 手っ取り早いのが「アプローチ部位を変える」でしょうか?


 また「キテコ」や「音響カプラー」を使うのも手ですよね。要は
 プローブから目的部位までの距離をフォーカスがしっかりかかる
 位までとってあげればいいんです。


 
 ▽もう1こ エコーの弱い部分


 超音波ビームが「斜め」に入射される部分や、超音波ビームと「
 平行」になってしまうところです。


 よくわかりません (●`ε´●) ぶー


 ともかく、こんな部分は画像ができにくいわけです。


 で、やっぱり自分で工夫することが必要なんですね。

 ◆編集後記


 エコーって、ちょっと工夫するだけで、画像が大きく変わってき
 ますよね。 


 ほんの「ちょっとだけ」工夫してあげるだけで、出てくる画像が
 すごく良くなったり、逆に悪くもなったりします。


 何か知らないけど「キレイに見えるようになっちゃった!」


 このように、ただ何となく「良くなった」ではダメですよね。
 

 再現性がありません。


 せっかくですから、「何でキレイに映ったのか?」ということを
 しかっり考えてみましょう。


 次にも使えるようにね!



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.