はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

びぃーもぉーど 。。。


 毎週 ついつい「医龍」を見てしまいます ^^


 そういえば、医龍にもエコーの装置がチラチラッと出てくるそう
 ですね。(全然気にしてなかった ^^;)


 先日、某メーカーの方と話していた時に、「こんなところばかり
 を見ちゃうんですよね〜」と嘆いていました ^^;

 そうそう、「バチスタ」 ← ちょっと調べてみました。。。


 バチスタ手術は心臓移植を行うことが難しい患者にとって残された
 手段、また移植手術待ちの患者にとって非常に有効で、術後の結果
 も良好として注目されている。

 バチスタ手術は1980年代からクリチバでランダス・バチスタ博士の
 手によって行われていたが当時は国際的にあまり注目されていなか
 った。

 トーマス・サレルノ (Tomas Salerno) がバチスタ手術の有用性を認
 め、救命不能と診断されたDCM症例が驚異的に回復することを示した。

 日本国内では1996年12月2日に須磨久善(現在、心臓血管研究所スー
 パーバイザー)によって初めて行われた。1998年1月には医療保険の
 対象となった。


                      Wikipediaより


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 最近、あらためて思うことは「Bモードの大切さ」です。

 びぃーもぉーど 。。。

 
 エコーでまず最初に大切なことはBモード画像をいかに自由自在に
 操ることができるか? なのではないでしょうか。


 心エコーにしても、腹部エコーにしても、その他の領域でも、超音
 波検査ではBモードを基本に診断を進めていきますよね。


 フツーは。


 そして、その先にある「ドプラ」にしても、「Mモード」でも、は
 たまた様々な計測をする場面においても、Bモード画像をしっかり
 出すことができなければ話になりません。


 というか、誤った測定結果を出しかねません。


 逆に、Bモード画像を自由自在に出すことができれば、正確な検査
 結果を出せますよね。


 Bモード画像をしっかり描出できれば、ドプラも、Mモードも、各
 種計測も・・・


 ちゃんとしたものが出せます。

 ってことで、「Bモードのおさらい」です ^^

 ▽Bモードを自由自在に操ろう


 超音波Bモード画像で記録した写真は、CTやMRIと同じように
 白黒の写真です。


 結果としては、同じような白黒の写真ではありますが、それぞれの
 もっている白黒の意味は全く異なりますよね。


 ですから、Bモード超音波画像のできるしくみを知っていることが
 まず必要ですね。


 エコーでは、どんなところが白っぽく映って、どういう場所が黒っ
 ぽく表示されるかってことです。


(それぞれ、高エコー・低エコーなんて言い方をします)


 もちろん「脂肪だから白っぽく」「血液だから黒っぽく」映し出さ
 れるワケではありません ^^


 次に、エコーで出現する「アーチファクト」。


 これは非常に大切です。


 アーチファクトは、Bモードのでき方と組織学的なことを知らなけ
 れば理解不能です。というか、あまり気にもしないで検査を進める
 ことになってしまうのではないでしょうか。


 逆に「Bモードのでき方」と「組織学的」なことを知っていて、さ
 らに「アーチファクト」を理解できれば、腫瘍の鑑別も比較的簡単
 にできる場合が多いと思いますし、困った時、次に何をどうすれば
 よいのかもわかりますよね。


 そして音響窓(:acoustic window)。


 音響窓を意識してエコーをやれるようになるといいですね。色々な
 難しい場面で役立ちます(キレイに出せるようになります)。


 目的とする部位の手前に何をもってくるのかってことです。


 ちょっとしたコツ


 プローブの持ち方や走査方法、目的部位との距離、超音波の入射角
 患者さんの体位など、技術的なちょっとしたコツはBモード画像に
 大きく影響します。


 ここは経験がモノをいう部分ではありますが、ただ経験を積めばよ
 いというものではありませんよね。 知識があっての経験です。


 最後に超音波装置の調節。


 検査をしているとき、もしかすると使っている装置の性能を最大限
 に発揮できていないかもしれません。


 ゲイン・STC・ダイナミックレンジ・フォーカス・・・


 装置の電源を入れたそのままの状態で使ってはいないでしょうか?
 装置の調節で、見違えるくらい良い画像ができることもあります。


 ずらずらと書いてしまいましたが、ぜひこんなことを意識してみる
 と、いいBモード画像が出せるようになるかもしれないですね!


 ◆編集後記


 あっという間に12月ですね。。。


 先日、横浜の中華街に行った時のことです。


 せっかくだから「上海ガニを食べてみよう」ということに
 なりました。


 そして店員さんに聞いたら、なんと3500円!


 しかも10cm くらいの大きさで・・・。


 もちろん、やめときました ^^;

 


 あ〜 上海ガニ 食べてみたい。。。 (´∩`。)

 



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.