はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > プローブはどうやって持つんですか?
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

プローブはどうやって持つんですか?

 なかなかキレイな画像が出ない・・・


 思ったような画像が表示できない・・・


 いろいろと要因はあると思いますが、プローブの持ち方に原因が
 あるケースが多いような感じがします。


 ということで、今回はプローブの持ち方について。

 ▽「プローブはどうやって持つんですか?」


 プローブの持ち方は、よく聞かれる質問の一つですね。


 でも、正直「コレ」といった持ち方は存在しないんです。
 というのも、検査中はずっと同じ持ち方をしていないからです。


 だから「どう持つの?」と聞かれても困っちゃうのが本音。。


 でも、そうはいっても、とても大切な部分ですからね。ちょっと
 考えてみましょうか。

 ▽プローブの持ち方って?


 皆さんそれぞれに手の大きさも違いますし、腕や指に入れられる
 チカラも全然違うと思いますので、次のように考えるといいんじ
 ゃないかと思います。


 一つは、あたりまえですが「プローブを自由自在に動かせるよう
 な持ち方」をすること。


 次に、エコーでは圧迫が必要な場面がありますから、いつでも
 「グーッ」と押せる持ち方。

 (「エドはるみ」ではありません^^)


 そして、「自分が疲れない持ち方」。


 2、3人検査したら、「腕がパンパン」では困りますし、腱鞘炎
 なんかになってしまっては元も子もないですから ^^


 まあ、こんなところを目指すといいんじゃないかと思います。

 で、どうするか?


 まずはチカラを抜くのが基本です。 


 あなたは「指先が白く」なっちゃうほど強く握ってはいませんか?
 指の根元まで握りこんではいませんか?


 常にチカラが入っていると、自由に動かせませんし、自分もグッタ
 リ疲れてしまいますよね。


 感覚でいうと、大きさは違いますが、ペンや箸を持つような感じで
 持つと、変なチカラが入らずに自由自在に動かせると思います。


 なので、チカラを抜きましょう。


 
 はい、次に。


 気がつくと、「手首がミョーな角度」になってはいませんか?


 これ、自由に動かせなかったり、微妙な角度調節ができないばかり
 でなく、自分も疲れてしまいます。


 一度プローブを持ったら、ずっと持ちかたや、持つ位置を変えない
 でいると、このようなことになってしまいますので、ずっと同じ持ち方
 で固定するのではなく、持つ位置は常に変えることが大切です。


 フォークを使う時なんかも、短く持ったり、長く持ったり。
 指の中で回転させたりしますよね。あれと同じです。


 あと、肘が伸びきってしまうのもよくありません。


 自分と装置と患者さんの位置を調節して、肘に余裕を持たせましょ
 う。 (あ、装置と椅子を動かせばいいだけです^^)


 最後に。。


 装置の画面ばかりを見ていると、だんだん手にチカラが入ってきま
 す。


 一度、画面を見ずに手を見ながら一連の検査をやってみるといいで
 すね。


 そうはいっても、ついつい画面に目がいってしまう人は、画面をフリー
 ズしてしまいましょう。もしくは、電源を入れないでやってみる。。


 すると、どんだけ〜 自分の持ち方や使い方が変な感じになってい
 るかがわかります。


 ということで、「プローブの持ち方」。


 コレ一つ変えるだけで、いいことがあるかも知れません^^



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.