はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > 超音波検査で見落とさないために
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

超音波検査で見落とさないために

 
 あなたも経験ありませんか? 


 ▽こわ〜い「見逃し」


 エコーでコワイのは「見逃し」ですね。


 なぜなら、目的とする部位に対して、自分でビームを向けて
 あげないと、画像ができないからです。


 え、よくわからない?


 プローブから出される「超音波ビーム」は、薄っぺらな断層面を
 画像に表示しています。(あ、厚みは多少あります)


 しかも、それは自動的に臓器の隅から隅まで映し出してくれる
 のではなく、自分で「超音波ビーム」を向けてあげなければ表示
 されない。。。


「いや、そんなことはわかってるよ!」


 とはいうものの、やっぱりこの原因による「見逃し」は絶えない
 ようです。


 ま、そこがエコーの弱点でもあり、難しいところの一つなわけです。


 いわゆる「死角」って言われてるやつです。


 では、死角(見落とし)をなくすにはどうしたらいいでしょうか?


 まずは、目的とする「臓器ぜ〜んぶ」に超音波をぶつけてあげる
 ことが大切ですね。


 それには、見たいものが「見えなくなるまで」動きを止めない
 ことが、まず重要。


 たとえば・・・


 教書に載っているようなキレイな写真を撮ることだけに頭が一杯
 になっていたり、フリーズボタンを押す指にだけ神経が集中して
 いると・・・。


 見逃します ^^;


 なので、まずはしっかりと見えなくなるまで超音波ビームを向けて
 あげましょう!


 ▽ちゃんとみました?


 エコーといえども、苦手な場所が結構あります。


 骨やガスの後ろは、ご存知のとおり「音響インピーダンスの差」
 や、「エコーの減衰」が原因となって超音波の届かない部分です。


 時に、どんなことをやっても見えない部分が生じるのは、超音波の
 原理上、仕方のないことです。


 でも、できるだけ「死角」は無くしたいところですから、ちょっと
 した工夫をしてあげましょう。


 体位や呼吸位、圧迫、音響窓といった部分です。


 (これはいいですよね? )


 ▽目の前の異常を見逃してはいませんか?


 しっかりビームを向けていたとしても、目の前に映し出された異常
 に気付かなければ、これもまた「見逃し」てしまいます。


 まずは正常像を目に焼き付けましょう! 


 よく、最初は「後で見てろ!!」なんていわれて、先輩の検査を後ろ
 で見学させられますよね。


 そうそう、あれって、眠くなるんですよね〜


 なんてったって、エコー室は基本的に「暖かくて、暗い」。
 しかも「静か」ですから。
 

 同じような白黒画像が動いているだけで、何をどう見ているのかも
 わからないし。。。


 もう、眠さをこらえるのに必死です (ρo-)oо〇


 つまり(何がっ!)、いろいろなバリエーションをもった正常画像
 を、できるだけたくさん見たほうがいいってことです。


 正常な像を知っていれば、「ちょっとやそっとじゃ」異常を見逃し
 たりはしません。

 まずは、こんなことに注意してみてはいかがでしょうか。



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.