はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > キレイな画像よ 出て来いっ!!
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

キレイな画像よ 出て来いっ!!


 う〜ん、何が違うんだろう (‐”‐;) ? ? ?

 上手な方がちょこっとプローブを当てただけで、簡単に鮮明な
 画像が出てくるのに、自分がやってみると、なかなかキレイな
 画像が出ない。。

 プローブをグリグリ動かしてみたり、ちょっと力を加えてみたり、
 まあ、いろいろやってはみるものの、先輩が出すようなキレイな
 画像はやっぱり出てこない。。

 う〜ん、どこが違うんだろう (‐”‐;) ? ? ?

 エコー始めた頃って、こんな感じですよね ^^ 

 なので、今回のテーマは「キレイな画像 出て来てっ!!」
 です。


 ▼ 「キレイな画像よ 出て来いっ!!」 その1


 もちろん、「お願いだからキレイな画像になって!」と、いくら
 祈ってみても、プローブを握る手に「ギュ〜ッ」と力を入れても、
 ましてや「イライラ」してみたところで、キレイな画像は出てき
 てはくれません ┐( ̄ヘ ̄)┌

 でも、やる人がやれば、キレイな画像が出せるってことは、何か
 しら違いがあるはずです。そして、その理由さえわかってしまえ
 ば、初心者でもキレイな画像が簡単に出せるようになるはずです
 よね!

 キレイな画像が出てこない理由は色々あるとは思いますが、まず
 大切なのは「超音波の特性を考えること」と「装置の設定や調節
 を適切にできること」ではないでしょうか。

 わけのわからないまま、プローブを握ってグリグリとやっている
 よりは、こんなものを踏まえた上でやってみることで、何か希望
 が見えてくるかもしれません。

 ってことで、まず、超音波の特性を考えてみましょう!!

 といっても、たいしたことではありません ^^
 たった2点だけ。


 ●エコーは反射信号を利用して画像をつくっています。
 ●超音波は生体内を進むうちに減衰していきます。

 こんなことを考えるだけでも、「ちゃんと反射波がプローブに
 返ってこれるようにするにはどうしたらいいんだろう?」とか、
「プローブからの距離が長くなればなるほど減衰しやすくなる
 から、少し距離を縮めてみよう」なんてことを思い浮かべる事
 ができるわけです。

 また、装置の調節もキレイな画像を描出する上で非常に大切な
 要素だと思います。

 初期設定のまま使っていては、いつまでたってもキレイな画像
 が出てくるはずもありません。 被検者(患者さん)毎に調節
 をしてあげる必要があります。

 また、目の前に映し出されている1画面の中でも、対象とする
 部位(例えば実質臓器をみるのか、それとも血管をみたいのか)
 によって装置の調節が異なりますし、調節で画像のキレイ度は
 大きく変わります。

 なので、エコーの上手な皆さんは、簡単にやっているように見え
 ますが、実は「素早く・的確に」装置の調節も行ってたりします。

 GAINだけでなく、STC(TGC)やDR、FOCUS、
 FREQUENCY・・・

 その他にもいろいろな調節機能が備わっていますので、その機能
 の役割と原理を理解して、常に最適な画像条件になるよう、まめ
 に設定してみましょう。

 超音波の特性を考えた走査と、装置の調節をうまく組み合わせる
 ことができれば・・・

 と、こんなことを考えながらエコーに向き合うことだけでもキレ
 イな画像を出すためのヒントがきっと見えてくると思います。
 

 何か知らないけど、キレイな画像になっちゃった!( ̄ー+ ̄)
 なんてものでは、次に繋げることもできなければ、応用も当然
 できませんよね。



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.