はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

超音波の減衰対策〜!

 エコーやってる方なら誰もが経験上知っていることだと思います
 が、超音波は生体内を進むうちに減ってしまいます。


 で、これを「減衰」なんて言ったりします。


 超音波が減衰してしまうのは、超音波が伝搬する生体組織に超音波
 の行く手を邪魔するさまざまな障害が待ち受けているからですね。


 待ち受けている障害には、吸収や散乱、拡散などがありますが、
 どれもこれも超音波の振動エネルギーを弱めて(減衰させて)しま
 うものです。


 超音波の減衰には、組織が超音波を減らしてしまう程度(減衰定数
 ・減衰係数)や、超音波の周波数、そして、超音波の進む距離が大
 きく関係していて、使用する周波数が高いほど、そして進む距離が
 長いほど超音波は減っちゃいます。
 

 そこで、この減衰に対して装置ではさまざまな対策が講じられてい
 るのですが、超音波の基礎は、こんな「現象と対策」から考えてみ
 ると理解しやすいと思います。


 ってことで、減衰に対する対策を考えてみましょう!

 ▽超音波の減衰対策〜!


 エコーはできれば高周波を使いたいところ(何ででしょう^^)で
 すが、検査する領域によっては深い(=長い距離)部分まで表示す
 る必要があります。なので、その場合は仕方なく周波数を下げてい
 ます。


 セクタやコンベックスの周波数がリニアより低いのはこのためです
 よね。さらに最近(?)は周波数を数段階に切替えられる(可変)
 タイプのものが主流ですから、ぜひ活用しましょう。


 また、進む距離が長くなると超音波は減ってしまうので、深い部分
 から返ってくる反射信号が弱くなってしまいます。


 ここはSTC(TGC)で改善しているんでした。
 あ、圧迫も距離を短くしますので、減衰に効果を発揮します^^


 あとは、周波数と距離と減衰の関係の公式を憶えましょう。。。

 そうそう、もともと減衰する量よりも大きいエネルギーの超音波を
 使えばいいんじゃないの? ってことも考えられますよね。


 ところが、プローブから出す超音波のパワーを高くしてしまうと、
 こんどは安全性といった問題が絡んできます。


 ちょっと危ないんです。


 ここで、ついでに超音波の安全性について理解しておくといいかも
 ですね。超音波の生体作用やMIやTIなどといったことです。


 という感じで、「減衰」ひとつとっても、そこからいろいろと広げ
 て勉強していけると思います。また、こんな感じで進めると理解も
 しやすいと思いますよ♪


 あ、posterior cho enhancement(後方エコーの増強)なんてものも
 ありますが、超音波は減ることはあっても増えることはありません
 ので。。。

 



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.