はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

頸動脈エコー

最近特に多いのは「頸動脈エコー」への質問。


 ○ キレイな画像が出せない

 ○ IMTの計測の悩み

 ○ ドプラが上手にできない

 ○ ICAの出し方 教えて!

 ○ アーチファクト? それとも プラーク?

 ○ VAってふつうみるものなの?

 ○ 甲状腺 どうしてます?

 ○ ・・・


 あ、私だ!! (と思った方が数十名いるはず ^^)


 頸動脈の検査に質問が多いのは、今までは実施していなかった
 けど、人間ドック等の健診や慢性疾患の患者さんに対して今春
 から新たに開始する施設が多いからなのかな?


 なんて思いますが・・・、


 それはさておき、頸動脈の検査はプローブを首にあてただけで
 簡単に画像が出てきますので「チョロイ」と考えがちですが、
 いざやってみると、これが意外に手強い。。


 皆さんが困るのも頷けます。

 ということで、今回はちょっとだけ真面目にいきます ^^


 
 ▽ 頸動脈エコーのコツ

 実は頸動脈エコーの「コツ」っていっても同じ超音波検査です
 から、あんまり「コレッ!」といったものはなく、他の領域と
 なんら変わりありません。


 しいていうなら、複雑な構造をしている浅い領域の検査という
 こと、そして、超音波ビームに対して直交方向に走行している
 血管にドプラを使わなければならないということでしょうか。。

 頸部血管はプローブに近い部分の検査になりますから、高周波
 のリニアプローブを使用するのはいいと思います。最近は周波
 数を切り替えられる機種がほとんどですから、首の太い方や、
 ちょっと深い血管を検査する場合には適宜調節が必要ですね。


 その他にも最低限GAINやSTC、FOCUSくらいは調節
 しながらやらないと良い画像は得られません。


 ということで、装置の設定や調節はすごく大事です。

 次に、頸部は意外に複雑な構造をしていますから、プローブと
 血管の間には反射の強い構造がたくさんみられます。


 これが超音波を減衰したり、アーチファクトの発生源になってい
 たりしますので、超音波の入射位置と角度、距離なんかもすごく
 重要ですね。


 そんなこんなで、「頸動脈エコーのコツ」を一言でいうならば、
 

 「力を抜く」 ^^  (んなアホな!)


 でもね、よく「プローブの振り方や押し加減は?」と聞かれたり
 するのですが、計測をするにしてもドプラを使うにしても、まず
 Bモード画像がキレイに出せなければ装置の調節や使い方、技術
 云々以前の問題です。


 何でBモードが大切なのかというと、計測するにしてもドプラを
 使うにしても、もともとは同じような原理を使っていますから、
「きれいなBモード = 正確な計測ができるかも」という理屈です。
 

 そして、きれいなBモードを出すには、まず「力を抜く」ことが
 第一歩になるんじゃないかと。。

 これができれば、あとはアーチファクトの少ない画像を得るには
 どうすればよいか?分解能の高い画像はどうすれば出せるのか?


 超音波の基礎や原理の知識があれば簡単に考えつくことです。

 つまり、「プローブの振り方や押し加減は?」が入口ではなく、
 何をしたいのか?( = こうしたい!という目的)に対して
「プローブの走査や押し加減」が決まってくる。


 プローブの使い方は出口です。


 ここを間違えて「頸動脈の押し加減はこう!」「スキャンはこれ
 を使いましょう」と逆から考えても、教えられても次につながり
 ません。違う患者さんを検査すると、すぐに「お手上げ」状態に
 なってしまうんじゃないかな〜と思います。

 ということで、頸動脈エコーが上手くできないって方は、画面に
 夢中にならず、そして指が白くなるほどギュっと握らず、まずは
 力を抜いてみましょう。


 その上で良い画像が得られない場合は、それがアーチファクトに
 よるものなのか? それとも装置の設定がいけないのか? また
 は、単に遠いだけなのか?

 原因に対処しましょう。 


 頚動脈超音波 講習会



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.