はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

プローブの持ち方


 
 今回は超音波セミナーでよく聞かれる質問についてです。


 質問:「プローブはどう持てばいいんでしょうか?」


 これ、よく聞かれます。


 で、その質問にはいつも「適当でいいんじゃないですか?」
 とか、「お好きなよーに!」って答えてます。

 こう言うと、皆さんの反応は決まって ・・ ( ̄△ ̄;)?

 こうなってしまうのですが、決してこの反応を期待して
 答えているわけではなくって、ちゃんと検査ができれば、
 プローブの持ち方なんて もう、どーでもいいわけです。


 ただ、これから始める方にとっては「適当でいい」なんて
 言われても困っちゃうと思いますので、プローブを持つ上で
 大事な考え方だけはしっかり押さえておくといいですね。

 ▽プローブの持ち方は逆から考える??


 エコーはできるだけ短時間にしっかり検査できなくては
 いけませんので、まずは無理なく動かせて、思った場所へ
 自由に超音波を向けられることを僕は優先してます。


 移動したり、傾けたり、回転したり・・・


 これが素早く、自在にできることが大切ですね。
 

 あと、力加減も重要なので、必要な時に・必要なだけ・
 必要な方向へ向けて力を入れられさえすればいいんです。


 で、これって目的によって大きく変わってくると思うんです。


 大きく動かさなければならない時や、しっかり固定しなければ
 いけない時、そっとあてたい時、ちょっと圧迫したい時・・・


 持つ部分や角度も変えますし、指先でつまむように持ったり、
 ある程度握るように持つこともあります。


 なので、少なくとも僕はずっと同じ持ち方で検査していません。
 固定せずに持ち方をコロコロと変えていきます。


 最初に持ち方は「こう」と決めてしまうと、必ず無理な部分が
 出てきちゃったり、上手く画像が出せなくなっちゃいますから、
 持ち方から入るのではなくて、どこに・どこから・どのような
 力加減で超音波を向けたいのか?

 
 しかも、「できるだけ楽に ^^」


 こんな風に目的から逆に考えて持ち方を工夫してみて下さい。
 すると、その時々にあわせた良い持ち方が決まってくると
 思います ^^

 
 なので、プローブの持ち方への質問には、いつも「適当で!」
 って答えになってしまうんですね。


 あ、決して「いい加減」という意味ではありません ^^;

-------------------------------------------------------------

 US-ism 超音波ハンズオンセミナー

 腹部・心臓・頸動脈・乳腺・消化管・下肢静脈 
 各領域の初心者向け実技セミナー

 ⇒ http://us-ism.net/
                  
-------------------------------------------------------------



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.