はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > メルマガ 無料セミナー > 超音波の基礎問題集 実践編
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

超音波の基礎問題集 実践編


 まいどっ! 飯塚です ^^


 前回ご案内した問題集。。


 役立つ! 使いこなせる! 
   超音波の基礎問題集 実践編


 あっという間に50冊が売り切れそうです ^^v


 で、「この問題集って、どういう人に役立つの?」と
 いうような質問を沢山の方からいただきましたので・・。


 今回は「こんな人に!」という一例を書きます。


 (ホントは書きたくないけど・・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆初心者のための超音波検査セミナー 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 遡ること数年・・ (ホントかよ!)

 僕はエコーを教わっているときに、「何かヘンなもの
 をみつけたらカラーかけろ」といわれたんです。

 そして、とっても素直だった僕としては、もう言われた
 とーりに、何か普通じゃないものを見てけた時は、とに
 かくカラーをかけまくってみました。

 あ、ただCFMと書いてあるボタンを押しただけです ^^;


 で、ただ単にカラードプラを起動しただけでは、とーぜん
 目的の部分にうまく色がつくことも、つかないこともあっ
 たります。


 そもそも、「色が付く = 血流(+)」ということくらい
 の知識しかなかったので、もし仮に色が付いたとしても、
 それが何を意味しているのかもわからずに使っていたわけ。


 いま考えれば、単なる時間の無駄だよね ^^;

 それはともかくとして、検査で撮ったその写真を教わって
 いる人に見せに行くんです。


 こんなのが撮れましたと。。


 すると、教わってる人は、「なにこれ??」


 そう、その写真には、大切な部分には色が付いていなくて
 周囲にはカラーノイズがいっぱい。


 とても人様にはお見せできるようなモノではありません。

 すると、「お前の写真はこれと一緒だな」。。

 その人の指差した先には・・・

 容器に黒いカビがいーっぱい繁殖している「カビキラー」君。

「えっ・・ ?? 」 

「全くもって説得力がない」

 (まあ、たしかに ^^;)


 この時の僕のように・・


 ○ カラードプラを使う目的もはっきりせず

 ○ ドプラの意味も知らず

 ○ ただボタンを押せば血管に色が付くと思っていたり

 ○ 調節できることを知らなかったり

 ○ 知っていても、どうしてよいのかわからなかったり


 そんな時・・


「実践で役立つ、知らないとソンする技術的なヒント」や、

「装置を使いこなすために必要な知識」、

「これ、知らないとマズイでしょ・・」といった部分を

 たくさん掲載した 使える問題集です。

 役立つ! 使いこなせる! 
   超音波の基礎問題集 実践編

-------------------------------------------------------------


 ◆編集後記
 

 カラードプラで色が付かない時の対処法!

 (飯塚の場合)


 まずBモードですね。


 これ、一番大事。


 次に角度。


 ステアリングも状況に応じて調節。


 それでダメならドプラゲイン。


 そして、PRF、Bモードゲイン、


 もいっかい角度、周波数と進んでいきます。


 方向が不要ならばPDIの方がいいかもです。


 ブルーミングが邪魔な場合は・・。


 と、どんどん続きます ^^


                       
-------------------------------------------------------------

 初期在庫(割引提供) 残りわずか!

 ⇒ http://us-ism.net/text1.html

-------------------------------------------------------------



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.