はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > 腎臓の超音波検査 > 腹部超音波検査 「腎臓1」
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

腹部超音波検査 「腎臓1」

腎臓:kidney:renal

腎臓の基礎


【腎臓の解剖と正常超音波像】

解剖は専門的な医療用語が多く、なかなか頭に入りにくいところですが、「臓器がどの辺りにあるのか?」 そして「周囲の臓器や組織との位置関係はどうなっているのか?」ということは必ず確認しておきましょう。


腎臓は第2胸椎部から第3腰椎の高さで脊柱の左右両側、後腹膜腔にあります。左腎に比べて右腎はやや低く位置しています。形は「そらまめ」状で、上から上極・中極・下極に区分されます。


大きさは、成人で長さ9〜13cm、短径5cm、重量120g程度。一般に左腎の方が右腎よりやや大きい傾向ですね。


腎臓の実質は、尿の生成を行なう重要な機能を担った部分で、皮質と髄質からなっています。主な構成要素は腎小体と尿細管です。


実質のエコーレベルは正常腎で皮質が正常肝実質と同等〜やや低く、髄質は皮質より低いエコーレベルとして描出されます。


皮質と髄質は共に腎盂に接していて、腎盂と接する皮質部分はベルタン(Bertin)柱と呼ばれます。髄質である錐体は腎杯に接し、腎杯は集合して腎盂を形成しています。


皮質の厚みは6〜12mm程度で、実際の髄質は皮質の2倍程の厚みがありますが、エコーの特性上皮質と同等に描出されます。


腎中心部分の腎洞内には動静脈や腎盂腎杯、脂肪組織が存在して高輝度エコー領域を形成し、この部分はCEC(central echo complex)と呼ばれます。


腎臓内側、中央の陥凹部分は腎門と呼ばれ、腹壁側から順番に腎静脈、腎動脈、尿管が出入りしています。


腎動脈は上腸管膜動脈の下方1cmから起始し、右腎動脈は下大静脈の背側を通って、左腎動脈はほぼ横走して腎門部に入ります。腎門部で前枝と後枝に分かれ、さらに区域動脈、葉間動脈、弓状動脈、小葉間動脈へと分枝します。



以上、ざっと腎臓の解剖と正常超音波像を書きました。この部分は疾患像と密接に関わってきますので、面倒ですが知識の一部に加えておいてください。


あとで役立ちます (^^)v


腹部エコーやるなら必須です!


BACK ←        → NEXT




Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.