はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > 胆嚢の超音波検査 > 腹部超音波検査 「胆嚢5」 胆嚢腺筋腫症
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

腹部超音波検査 「胆嚢5」 胆嚢腺筋腫症

胆嚢:gall bladder

胆嚢の疾患




【胆嚢腺筋腫症】

     
胆嚢腺筋腫症の特徴的な超音波所見は、胆嚢壁の肥厚と、肥厚した壁内にみられるRAS。そしてcomet-like echoです。

     
胆嚢腺筋腫症は胆嚢結石の合併率が高いのですが、 結石により胆嚢壁の観察が十分に行えない場合は結石の可動性を利用して胆嚢壁全域をしっかり観察しましょう。


また、胆嚢の肥厚した壁内にRASおよびcomet-like echoを認めない場合は、超音波検査だけで胆嚢腺筋腫症とは診断せず、胆嚢癌の合併も考慮して他の検査を組み合わせた診断が必要になります。

     
RAS(Rokitansky-Aschoff sinus)とは、胆嚢粘膜上皮が筋層内あるいは漿膜下層にまで憩室様に陥入したもので、正常な胆嚢壁内にも存在します。

     
comet-like echoは壁在結石あるいはRAS自体から生じる多重反射による彗星のような線状エコーをいいます。



胆嚢腺筋腫症の分類】

●限局型localized type
@底部に壁肥厚が限局している
A肥厚部位にはRASやcomet-like echoが散在している
B憩室様変形がみられる

●分節型segmental type
@頸部あるいは体部で壁が部分的に肥厚し、この部分が半円状または
  三角形に内腔へ突出する(triangle sign)
A壁の肥厚部位により内腔が狭小化する

●び漫型diffuse type
@胆嚢壁が広範囲あるいは全体に肥厚している
A広範囲な胆嚢内にRASやcomet-like echoを認める
B肥厚部位にはRASやcomet-like echoが散在している




     
【胆嚢腺筋腫症の病理学的基準 】
組織標本にて1cm以内に5個以上のRASの増生がみられ、かつ同部位の壁が3mm以上の壁肥厚がみられる病変を胆嚢腺筋腫症としています。

腹部エコーやるなら


BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.