はじめての超音波検査! > バックナンバー集 > 簡単なようで難しい「胆嚢1」
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです (マガジンID:0000154234)
メールアドレス:
Powered by

簡単なようで難しい「胆嚢1」

 
==================================

初心者のための「無料 超音波検査セミナー」
〜超音波検査士合格への近道〜

   2005/05/28                   
                              
===============================第9号=

 家にいながら無料で勉強できる「超音波検査セミナー」


私が実践してきた超音波検査を習得するノウハウを毎週たっぷりお伝えしま
 す。病気や医療に興味があれば誰でも大歓迎です。病院での出来事や検査、
 病気に関する情報も盛りだくさんでお届けします。お楽しみにどうぞ!


----------------------------------------------------------------

 まいどっ!  超音波検査士の飯塚です。

 

 お伝えしたいことがたくさんありすぎて、週刊では足りなくなりそうです。

 今後もこのメルマガでしか扱わない、価値ある内容をお送りしていきます!
 

----------------------------------------------------------------

 ▽私はできるだけ運動するように心掛けてます。

  脂肪がつかないよ〜にね。

  だって太ってると癌が発見しにくいですから。 ← ホントです(^^)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆免疫の話 その2  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 ▽活性酸素と免疫の関係

  

  第6号「免疫の話 その1」では、人の免疫の主役は、白血球が担っていると
  書きました。 


  白血球の中でも、今回は初動部隊である「好中球」と皆さんご存知「活性酸素」
  についてのお話です。

  


  好中球は異物が身体の中に侵入した時に、真っ先に侵入者に攻撃をしかける細胞
  です。


  好中球の攻撃法 ⇒ 侵入者を細胞内に取り込み「活性酸素」を使ってやっつけ
            ます。

  「活性酸素」は、世間で悪者扱いされてますが、「活性酸素」がないと大変なこ
  とになってしまいます。へたしたらすぐにバイキンに身体を占領されてしまいま
  す。

  
  常に無菌室にいるわけにはいきませんし … ね。

  ということで「活性酸素」はバイキンから身体を守るために、なくてはならない
  ものです。


  ところがこの「活性酸素」は「両刃の剣」なのです。バイキンを殺す力もあるけ
  ど、使い方によっちゃあ、自分の細胞も破壊してしまいます。


  自分の細胞にも毒性をもつということは、「活性酸素」が過剰に存在すると…


  皮膚のシワやシミ、老化現象の原因になります。  お肌の大敵ですね!

  コエンザイムQ10の出番です! (^^)


  「活性酸素」は、老化現象や生活習慣病との関連が注目されています
    ⇒ http://www2.health.ne.jp/bknumber/2000084.html
  

  まっそれは別として、免疫反応は必要な場所に必要な強さで、何でもない所には
  反応をおこさないように制御されています。

  つまりアクセルとブレーキのしくみが備わっているんですね。反応を強くさせる
  アクセルと反応を止めるブレーキです。 

  このアクセルとブレーキはサイトカインと呼ばれる、いわばホルモンのような物
  質を使っておこなっています。


  免疫を担当する細胞や、バイキンが感染した場所の細胞がサイトカインを使って
  連絡しあい、複雑なシステムを駆使して感染から身を守っているのです。

  
  「好中球」をよんだり、感染した場所にとどまらせたり、「活性酸素」をつくら
  せたりといった具合です。


  

  このように人の身体は一見うまくできていますが、この免疫システムが破綻したら
  どうなるでしょう?

  アクセルだけ踏み続けてブレーキが効かなくなったら…。

  好中球が自分の細胞を攻撃しはじめたら…。


  考えただけでも恐ろしいことになります。


  皮膚が赤くなって潰瘍ができたり、ひどい場合は全身に及んで死に至ることさえも
  あります。


  よく知られている「痛風」これも同じような機序で発作が発生するといわれていま
  す。ですから、治療薬は好中球のはたらきを抑える薬が使われます。最近では一部
  の腎炎も同じ原因だということがわかってきたそうです。  


                                つづく かも?


  


  今回は免疫 特に好中球と活性酸素についての話でしたが、免疫機構はもっと複雑
  な仕組みでおこなわれています。


  また免疫システムに限らず、人の身体は微妙なコントロールのうえで成り立ってい
  るのです。


  ホントは人が生きていること自体が不思議であって、病気は当たり前のことではな
  いのでしょうか。病気にならない方が不思議なくらいなのです。


  でも、できれば病気ににはなりたくないし、なったとしても治せるのなら治っ
  た方がいいにこしたことはありませんね♪


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆無料超音波セミナー 第9回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ▽簡単なようで難しい「胆嚢」


  前回に引き続き胆道系 今回は「胆嚢」です! 

 
  胆嚢だけでも全部やると、このメルマガ10回くらいかかっちゃうので、重要
  なポイントだけを教えましょう。

 

  胆嚢といえば、まず胆嚢結石が頭に浮かんでくる人。

  とりあえず合格です! ← ホントかなぁ?


  でも、やはり胆嚢で多く見られるのは「胆石」と「胆嚢ポリープ」ですね。

 

  胆嚢は肝臓の下側にくっついているナスのような形の臓器です。1/3くらい
  は胆嚢床という場所に固定されていて、残りの2/3は適当に動ける状態で肝
  臓と一緒に腹膜で覆われています。


  正常の「大きさ」「胆嚢壁の厚さ」「内部エコー」は大切ですから、必ず頭に
  叩き込んでおいてくださいね。


 
  胆嚢を検査するとき 何から見ますか?  まずは胆嚢壁を見てください。


  ○厚さは正常ですか? 


  胆嚢壁が厚い場合は、まず「食後何時間経過していますか?」「何を食べまし
  たか?」と聞いてましょう。


  食後 特に脂肪分を食べた後は、胆汁を排泄するために胆嚢が収縮します。

  食後でもないのに胆嚢壁が厚い場合は「胆嚢炎」「胆嚢腺筋腫症」「胆嚢癌」
  が考えられます。

  胆嚢以外の疾患では「肝炎」も頭に入れておく必要があります。


  ○鑑別法

  
  鑑別方法は、いろんな本に書いてあります! 

  じゃあダメ?  


  ですよね?  m(_)m

  全周性で均一に厚い場合は「胆嚢炎」「肝炎」がもっとも考えられます。多くは
  胆嚢周囲に貯留した水分がみられ、胆嚢壁が三重(※1)になっていることもあり
  ます。


  「急性胆嚢炎」は胆嚢部分をプローブで「押すと痛み」(※2)があり、「胆嚢
  内腔はパンパン」、「結石をともなう」ことが多いですね。
     ↑
   これ大事です!


  「慢性胆嚢炎」は急性と同様に「結石」をともなうことが多く、胆嚢壁が三重に
  はなっていません。進行すると石灰化を生じてきます。「胆嚢腺筋腫症」「胆嚢
  癌」との区別が必要な場合がありますので注意が必要です。


  一方「肝炎」での壁肥厚は「胆嚢内腔が虚脱」「他の肝炎所見」で鑑別できます。
   ↑
               コレ重要です!

                      (※1)sonolucent layer
                      (※2)sonographic Murphy's sign


  じゃあ、部分的に厚い場合はどうでしょう?


  「胆嚢腺筋腫症」「胆嚢癌」を考えましょう。

  「胆嚢腺筋腫症」は全周性に肥厚していることもありますが、「RAS
(Rokitansky−Aschoff sinus)」と「comet like echo」を特徴としています。


RASは胆嚢の粘膜が憩室様に陥入したもので正常にもみられますが、胆嚢腺筋腫症
  では5個以上みられます。  


  らしいです!


  comet like echoとは字のごとく彗星のようなエコー像で、胆嚢壁の石やRASによる
  多重反射(あとで説明しますね)によっておこるアーティファクトです。


  はー 今回はこれくらいで…。 

  そうそう、
  胆嚢は少なくとも必ず3方向 + 体位変換して確認してくださいね。
  

  あと、
  胆嚢の周りに脂肪がたくさんついている人が結構います。
  胆嚢炎なんていわないように気をつけてくださいね! (^^)V

 


  次回は「胆嚢癌」「胆嚢ポリープ」「胆嚢結石」を予定しています。
  お楽しみに!

 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆懺悔コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ▽ わがままな患者さん達


   超音波検査は緊急時以外、予約方式をとっています。
   
   中にはいつも予約時間より数時間も早く来る患者さんがいます。


   その時、たまたま手が空いていたとします。装置も空いているから検査が
   できないこともないんです。

   でも、ちゃんと時間を守って来てくれる方がほとんどの中で「せっかちな
   患者さん」に対して「どうしたものか」…。

   


   いつも早くいきゃあ検査してもらえるということが「当たり前」と思って
   もらっても困るし、ちゃんと時間を守ってくれる患者さんにも悪いし…。
   


   どうしたもんでしょう? 

    
   悪いけど、お待ちいただきます。   完全予約制ですから…。 
   

    

                        ゴメンナサイ m(_)m


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
 


 胆嚢壁の肥厚を見て「癌みーつけた」と喜んで帰ってきた技師がいました。

 写真を見ると、どうみても胆嚢腺筋腫症です。

 「これのどこが癌だと思います?」と聞くと、「胆嚢壁が肥厚してるじゃん」
 
 「癌でしょ これ?」

 
 
 あいた口がふさがらないとは、まさにこのことです!!


 もちろんこの技師 今は超音波検査やってません。 (^^)V


----------------------------------------------------------------

 このメルマガは知り合いの方への転送大歓迎です!!

 どんどん仲間を増やしましょう! 
 

 感想やご意見もお待ちしてます ⇒ info@us-ism.com
 

----------------------------------------------------------------



BACK ←        → NEXT



サイト内検索
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです (マガジンID:0000154234)
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.