はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

超音波の原理3.4 STC

超音波 基礎講座3

超音波装置について

【STC】(sensitivity time control)


STCは、超音波の伝搬距離に相当する時間に対して感度を調節することです。


超音波は体の中を進んでいく過程で減衰してしまいます。


人の声も近くではよく聞こえますが、遠くにいるとだんだん聞こえる声は小さくなり、もっと離れるとやがて聞こえなくなってしまいます。


超音波もこれと同じことが言えます。


プローブに近い部位と体の深い部位では、超音波ビームの進む距離が違いますね。


超音波ビームの進む距離が長いほど、超音波が減衰する量が多いはずです。


体の深い部分では超音波の減衰する量が多いため、浅い部位に比べて反射波の強さが弱くなってしまいます。


ということは、本来なら同じエコー輝度であるはずなのに深い部分は輝度が低くなってしまうということですね。


浅い部分より深い部分の増幅感度を上げることで、浅い部分から深い部分まで一定のエコー輝度で表示することができます。


これがSTCです。



STCとTGC(time gain compensation)は同義語で、超音波機器メーカーによってはTGCを使っていることもあります。


また、STCもゲインと同様に一度調整したら終わりではなく、常に調整しながら検査を進めることが大切です。

   







超音波検査士が教える超音波の原理習得術!



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.