はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > 肝臓の超音波検査 > 腹部超音波検査 「肝臓6」 肝血管腫
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

腹部超音波検査 「肝臓6」 肝血管腫

肝臓:liver

肝臓の疾患

【肝血管腫:hepatic hemangioma】

肝血管腫は肝の非上皮性腫瘍の中で最も多い腫瘍で、大部分が海綿状血管腫(cavernous hemangioma)です。


大きさは様々で、形は不整形。よく観察すると辺縁は凸凹してします。2cm以下では90%以上が高エコーレベルで、2cmを超えるものでは高〜低エコーの混在した超音波像を示します。


肝血管腫の特徴は経時的、あるいは体位変換や圧迫によって腫瘍内部のエコーレベルが変化することがあることで、これが診断の決め手になることもあります。


この内部エコーレベルが変化することをそれぞれwax and wane sign、カメレオンサイン(chameleon sign)、disappearing signと呼びます。








〜典型的な超音波像〜

 ●辺縁を囲む高エコー(marginal strongecho、hyper echoic rim)
 ●後方エコーの増強
 ●wax and wane sign
 ●カメレオンサイン
 ●disappearing sign
 ●多発することが多い
 ●辺縁低エコー帯(halo)は伴わない



 


腹部エコーやるなら


BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.