はじめての超音波検査! とっておきの腹部エコー情報サイト
はじめての超音波検査! > 簡単!超音波の原理 基礎 > 超音波の原理7.4 超音波ドプラ法 「カラードプラ」
無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   あなたも「超音波検査」やってみませんか!
メールアドレス:
Powered by

超音波の原理7.4 超音波ドプラ法 「カラードプラ」

超音波 基礎講座7

超音波ドプラ法(カラードプラ)


【カラードプラ法】



「超音波ドプラ法」が、生体内の血流速度や血行動態を知るのに対して、「カラードプラ法」は2次元画像の血流分布をマッピング表示する方法で、「血流の存在診断」や、「半定量的な診断」に使われます。



カラードプラ法は受信ビーム上の血流平均速度、血流方向、パワー、血流の乱れ(分散)などの情報を色で表現し、B−モード画像上に重ね合わせることで視覚的に認識できる方法です。



ボタン一つで手軽に使用できることから、最も使う頻度が高いドプラ法ではないでしょうか。



基本的にはパルス波を使って表示。位置的な情報が画像に反映できますが、一度に大変多くの情報を処理する必要があることからパルスドプラ法に比べて血流情報の正確性は劣り、リアルタイム性も下がります。また「折り返し現象」の発生も避けられません。


    


【血流方向とカラー表示】


カラードプラ法での血流方向表示は、プローブに近付いて来る血流を
赤色、プローブから遠ざかる血流を青色に表示します。



また、速い血流は明るく表示、血流の乱れ(乱流)はモザイク状(
黄色緑色)に表示されます。


超音波検査士が教える超音波の原理習得術!



BACK ←        → NEXT



Add to Google

Subscribe with livedoor Reader

無料メールマガジン「初心者のための超音波セミナー」
「超音波検査初心者」、「超音波検査士」を目指す方に!
習得への早道をやさしく解説するエコーセミナーです

   現役超音波検査士から「あなた」へのアドバイス!
メールアドレス:
Powered by
This website is powered by Movable Type 3.2 Br@ve.