総胆管(CBD:common bile duct)描出法! 

1.まず胆嚢の長軸像を出してください。

(これは簡単でしょ ^^)

カントリー線を縦走査でみた像ですね。

胆嚢窩とIVCを結ぶ仮想のライン。
肝左葉と右葉の分けめです。

この像の先(奥)はS4。

手前はS5ですね。

わからない人は解剖のやり直しです ^^

2.門脈の長軸画像を出してみましょう

ちょっと頑張って、門脈の縦断像を描出してみましょう

コツは「ちょっと反時計回転」です ^^

すると・・・  こんな感じ

で・・・

胆管はどこ?

↓   ↓

またまた解剖の教科書に戻りましょう^^

3.CBDは もう目の前にあります!

門脈の腹側に細く見えるのが「総胆管:CBD」です

さらに、ちょっとだけ右に向けると・・・

はい、簡単でした ^^

解剖学的な位置関係や、ちょっとしたコツを知っているだけなのですね。

あ、ちょっと待った!

まだ終わりません

さらに門脈の横断画像は・・・

CBDは門脈の腹側。

しかも右側を通っているのでしたね。

では質問です。 左側に見えているのは何でしょう?

そして、これは何っていうサイン?

4.描出するだけではありません

エコーは、ただ描出するだけではありません。

こんな像や、

こんな像をみたら要注意です!

あ、もっと簡単なCBD描出方法もあったりします ^^

⇒ US-ismの超音波セミナー

初心者に最適!丁寧でわかりやすい超音波ハンズオンセミナー

初心者に最適! わかりやすく丁寧な超音波セミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする