目指すは[超音波検査士「プロカメラマン」? それとも?

初心者のための無料超音波検査セミナー

薄暗い超音波検査室で、腹部エコーを始めて間もない

Sさんが練習中です。

僕は後ろから見てたのですが・・、

Sさん。膵臓でやけに手間取ってる。。

膵臓を見つけはしたのですが、なかなかキレイな画像が

出てきてくれず、しまいには膵臓は画面から消え失せ、

違う場所を一生懸命に探っている。

ようやく見つけると、これがまた上手く出せない。。

だんだん肩から腕、プローブを持つ手にまで力が入って

きているのが遠目からでもわかります。

すると・・・

指導しているOさんからスルドイ一言。

O:「お前ってば、プロのカメラマン目指してんの?」

S:「いや、そんなつもりは・・」

O:「じゃあ、何してる?」

S:「膵臓 探してます。。」

O:「イヤ、違うね」

O:「もしかして、キレイに出そうとしてません?」

S:「ギクッ ( ̄ェ ̄;) 」

そして、矢継ぎ早に怒号が・・

O:「そもそもピッタリ止める必要ないんじゃねーの?」

O:「キレイに出そうとする前にやることあんだろ?」

O:「写真は後でいーから、ちゃんと動かして検査する!」

Oさん、コワっ!  (・・;)

きれーな写真を撮りたい・キレイな画像を描出したいという
思いが強いほど手が動かなくなってしまい、逆にその場所へ
なかなか辿りつけない。。

すると、だんだんプローブを持つ手に余計な力が入る

でも上手く出ないのでイライラしてくる

さらに手に力が入る

もう、何が何だかわからなくなってくる

結果、時間がかかる・・ orz

とまあ、キレイな静止画像を求めれば求めるほど、

どんどん悪循環にハマってしまいます。

もちろんキレイな写真撮れるにこしたことないですが、

まずは、エコー本来の目的を忘れちゃダメだと思います。

そう、しっかり全体を観察する。

そして、異常がないか調べる。

その気持ちがあれば、とりあえず隅から隅まで動かして

検査することを優先しますよね。

でもね。

わかっちゃいるけど、なぜかキレーな静止画を出したい

という誘惑が出てくるんですね~

ピッタリ止まろうとせずに、対象目的を通り過ぎてみる

ことで、まずはしっかり目的が果たせるし、思ってもみ

ないような情報が得られたりすることもあったりします。

なので、まずは肩の力を抜いて1回通り過ぎてみると

Sさんのようなことにはならない場合が多いと思います。

そう、慌ててフリーズボタンを押す必要もありませんし、

ましてやキレイな写真を撮るのは、しっかり検査した後

からでも十分に間に合いますから。。

すると、いずれ必ず「プロのカメラマンになれる日」は

誰にもやってきます ^^v

エコーを始めたばかりの人は気を付けて下さいね。。


◆編集後記

慌ただしく過ごす中で、気が付けばもう12月。。

すっかり寒くなってきて、大嫌いな季節に突入です。

んでもって、あの節電はどこ行っちゃたんだろーって

くらい、あちこちでイルミネーションが盛り上がって

ますね。

寒いので僕は行きませんが。。

それはそうと、昨日「なんか胸やけが・・」と思って

いたら、胃の辺りに「ギューっ」と、締め付けられる

ような痛みが襲ってきました。

ま、こんなのはよくあることなので、何かちょっと口

にすれば治るだろーとタカをくくっていたんです。。

ところが、しばらくしても痛みは治まらないばかりか、

なんか、だんだんヒドクなってきます。

オイオイ、僕のお腹ちゃん。

どーなっちゃってんの??

とりあえずエコーの電源を入れ、おそるおそるプローブ

をお腹にあててみると・・。

そこには衝撃の画像が!!!

慌ただしく過ごす中で、気が付けばもう12月。。 すっかり寒くなってきて、大嫌いな季節に突入です。 んでもって、あの節電はどこ行っ...

医用超音波の基礎セミナー

間もなく受付終了です。

医用超音波の基礎 講習会

初心者に最適!丁寧でわかりやすい超音波ハンズオンセミナー

初心者に最適! わかりやすく丁寧な超音波セミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする